ブログ

ブログ【となりのママは知っているin上海】第60回『新たな理財に挑戦!』

今年に入って円高(人民元安)が進み、

しばらく為替変動の様子を見ていたので、

人民元での理財はお休みしていたのですが、

ようやく新しい理財を始めることにしました!しかも2つ!

 

 

まず、1つ目は新しい銀行に口座を開いて、理財を購入。

これまではずっと浦発銀行で理財をやってきましたが、

最近は利率がかなり低め・・・

 

そこで、他の銀行の理財も調べてみました。

「保証収益型」(元利保証)の理財で比較すると、上海銀行がなかなかの好条件。

(10月下旬の時点で、浦発銀行が2.9%に対して、上海銀行は3.2%、

いずれも35日満期で5万元の場合)

ということで、さっそく上海銀行で口座を開設、

5万元、35日満期、年利3.2%の保証収益型の理財を購入しました。

 

上海銀行では初めての理財購入ということで、

多少心配もあって、大きな冒険はせず、

金額は最も少なく(ほとんどの理財は5万元~)、期間も一番短く、

保証収益型の物を選択しました。

 

 

もう1つは、リスク高めの「基金」です。

「基金」とは、株や債券等に単独又は組み合わせて投資する理財で、

何に投資するかは予め決められているので、

それによってどの基金を購入するかを選ぶことになります。

 

私は、株に投資する基金は相当リスクが高いと判断、避けて、

ある銀行の債券に投資する基金を購入しました。

金額は5万元(最低金額)、期間は1年半、利率は7%です。

当然、元本保証ではありませんし、利率に関しても

窓口の担当者曰く「必ず7%の利息が受け取れる訳ではない」とのこと。

でも、中国人の知り合いから「債券投資は比較的安心」と聞いていたし、

窓口の担当者も(この基金は)「不錯(悪くないよ)」と言っていたので、

思い切ってチャレンジしてみることに!

私にとっては、本当にかなり大きな冒険です。

 

 

今回の理財購入によって、

 

①高リスクの理財(基金)②低リスクの理財(保証収益型)

 

③リスクが極端に少ない定期預金(定期預金は今年4月に購入済み)

 

の3つに分散して、人民元を運用する形となりました。

自分では「上手く分散して運用できてる!」なんて、自画自賛気味(?)ですが、

結果は如何に・・・

 

 

※あくまでも、投資は自己責任となりますので、

実際に投資をされる際には、ご留意頂ければと思います。