マネー教室

快活ライフのマネー教室”マネー脳力アップ”シリーズLesson23『日本とアメリカと香港の貯蓄型保険』

このシリーズでは、毎回金融に関する様々な情報・知識をお伝えして、

皆さんのマネー脳力アップのお手伝いをしていきます。

ここでの脳トレが、皆さんの生活力アップにきっとつながりますよ!

 

 

今回は『日本・アメリカ・香港の貯蓄型保険』について、

それぞれをご紹介、更にその魅力をお話します。

 

 

皆さんは、家計の中でどのような形で「お金を貯めたい!」と思っていますか?

株、不動産、銀行の積立、財形貯蓄、投資信託・・・

様々ありますが「保険で貯める」と考える方は少ないのではないでしょうか?

 

 

 

それでは、まず、日本とアメリカの保険商品について、

具体例を使って比較してみましょう。

 

 

【死亡保障の保険金額5000万円の商品(終身保険)の支払総額】

 

 

日本の保険

アメリカの保険

40歳で加入

3000万円

750万円

50歳で加入

3600万円

950万円

60歳で加入

4300万円

1600万円

 

 

日本の場合

「5000万円の保険金に対し、3千数百万円の支払い」ということは、

約7割のコストがかかる、ということです。

「3000万円支払えば、死亡時に必ず5000万円もらえる」と考えれば、

銀行預金と比べるとお金を貯めやすいといえるでしょう。

 

 

アメリカの場合 : 約2割のコストで済むのです!!!

 

ただし、この保険は日本では加入できません。

アメリカの保険に加入するには①就労ビザ ②納税証明 ③不動産もしくは実業

が必要となります。

更に、手続きのため、渡航費用及び(最低でも)3泊5日程度の時間が必要です。

 

 

 

この保険に入るためのハードルが結構高い・・・

それを解決するのが香港」なんです!

香港にも、アメリカ同様に、お得な保険商品があります。

 

 

香港で加入する場合は、上記の①~③は不要となります。

また、渡航費用も香港の方が安いですし、

日本(関東地方)から香港へ出発する場合は0泊2日の日程で手続き可能です。

 

 

 

こちらも、具体例を挙げて比較すると・・・

 

 【保険金1000万円の終身保険に30歳で加入、60歳払込み終了】

 

 

日本の保険

香港の保険

毎月の支払額

20,760円

16,200円

30年間の支払総額

747万円

583万円

60歳払込み終了後の解約返戻金

723万円

874万円

 

 

日本の場合 : アメリカの例と同様に、コストは約7割

        また、解約時に戻るお金は、支払総額とほぼ同額なので、

        実質お金は増えていません。

 

 

香港の場合 : コストは58%

         また、解約時に戻るお金は、支払総額の1.5倍に相当します。

 

 

更に、香港の保険のメリットは、次第に保険金が増えていくこと!

例えば、60歳死亡の場合には、保険金が1700万円に増えます。

ということは、この場合、コストは58%⇒34%へ下がります。

 

 

 

香港の保険に加入するためには、香港へ行って手続きする必要がありますが、

上海から香港へは比較的行きやすいので、

アメリカへ行くよりグッとハードルが下がった!と感じる方も多いはず。

 

 

保険は株・投資信託に比べてリスクが少ないですし、

アメリカや香港の保険は、確実に増えて受け取ることができるので、

「お金を貯める」方法の1つに加えてみてはいかがでしょうか?

 

 

※あくまでも、投資は自己責任となりますので、

実際に投資をされる際には、ご留意頂ければと思います。

 

 

[お知らせ]

本シリーズ”マネー脳力アップ”は

日本語ラジオ「LivAiA!」(リヴァイア!)でも聞くことができます。

 

IMG_1533

喜马拉雅FMというアプリをダウンロードし、

「LivAiA!」を検索して下さい。

「livaia日语电台」の主播の中にある

「快活ライフのマネー教室」という番組名です。

 

毎週木曜日に更新して新しい情報をお届けしています。

 

 

<これまで掲載した内容はこちらをクリックしてご覧下さい>

“マネー脳力アップ”シリーズLesson22『キャッシュフローゲーム』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson21『不動産開発投資』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson20『アメリカ不動産の魅力』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson19『円とドルの歴史と為替のリスクヘッジを伝授!』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson18『フィリピンの金融商品』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson17『HSBC銀行口座開設のメリット・デメリット』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson16『世界の金融商品③(学資保険)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson15『世界の金融商品②(海外の駐車場オーナー)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson14『世界の金融商品①』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson13『繰り上げ返済』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson12『住宅ローンの賢い選び方』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson11『金融マメ知識(72の法則&ドルコスト平均法)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson10『金融マメ知識(単利と複利)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson9『日本三大リスク(国の借金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson8『日本三大リスク(人口減少)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson7『日本三大リスク(年金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson6『不動産投資(その3)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson5『不動産投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson4『不動産投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson3『海外投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson2『海外投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson1『生命保険』