ブログ

ブログ【となりのママは知っているin上海】第47回『理財を始めて1年』

上海で理財(資産運用)を始めてから、ちょうど1年が経ちました。

本ブログ第12回『「理財」やってみました』で、

初めての理財体験について書きましたが、

今思うと、めちゃくちゃドキドキしながらやっていました。

 

 

超保守的な性格の私は、

「保本保息(元利保証)」の商品ばかり買っていましたが、

慣れというのは恐ろしい・・・、次第に欲が出てくるんです。

非保本、つまり元金保証でなくてもイケる?と思うように。

ちょうど今年の春節前、いわゆる歳末キャンペーンで、

「非保本」の商品が普段よりちょっと高い利率に設定されていて、

それに魅かれて、とうとう「非保本」を購入しました!

利率は4.9%、期間は3ヶ月。

 

 

ちなみに、この商品を購入するのは結構苦労しました。

店頭で歳末キャンペーンを見かけて、

窓口に相談に行くと「もう売り切れました」

「えっ、もう売り切れ?!今日の9時~販売開始なのに?」と私が言うと、

「皆さん、ネットで購入するので、9時と同時に即完なんですよ。

来週も同じ商品を販売する予定なので、今度はネットで購入してみて下さい」

理財をネットバンキングで購入した経験がなかったので、

これまたドキドキでしたが、

1週間後の9時ちょうどにスマホを操作して、

何とかこの商品を購入できました。

 

 

ということで、今年に入ってからは、

①非保本タイプ②収益保証タイプ③定期預金の3パターンで運用。

4月下旬、①と②の満期が到来、

どちらも無事に元金と利息を受け取りました。

 

 

では、次はどうするか?

最近の理財は、利率がどんどん下がってきていて、

昨年5月に購入した「収益保証型」は当時4.9%だったのに、

現在では同じ商品が3.05%。

非保本型でも4%台前半なので、リスクの割には利回りはイマイチ・・・

店頭に置いてあった理財一覧表のチラシの中に、

定期預金の利率も記載されていて、

期間の長いものであれば、なかなか良い利率になっています。

blog47

 ↑浦発銀行の理財窓口には、このようなチラシが置いてあります。

 

理財の窓口に再度相談に行き、

思い切って3年の定期預金を設定することに。

利率は3.3%。

定期預金なので、元利保証ですし、

理財と違って、定期預金は中途解約が可能です。

(ただし、中途解約すると、利息は普通預金の利率分しかもらえません)

 

理財窓口の担当者は、かなりしつこく「収益保証型」を勧めてきました。

(定期預金は「理財」ではないので、担当者からすると面白くないのかも?)

でも、私の決心は揺らぐことなく、

一般の窓口に移動して、新たに定期預金を設定しました。

 

理財窓口の担当者曰く「金利は今後も下がる見込み」、

中国での資産運用の旨みが減りつつあります。

今度こそ本気で日本円・人民元以外の外貨での運用を考えないと・・・ですね。