ブログ【となりのママは知っているin上海】第81回『あなたは第一子、それとも末っ子?』

先日、インターネットのニュースの中で面白い記事を見つけました。

「出生順別で資産運用が変わる」、つまり、第一子・中間子・末っ子・一人っ子、

それぞれに合った資産運用の方法がある、というもの。

昔からよく「第一子はしっかり者、末っ子は甘えん坊」なんて言いますが、

何と資産運用の方法まで違ってくるとは・・・

 

それでは、具体的にどんな資産運用が合っているのか、ご紹介しましょう。

 

①第一子・・・クラウドファンディングへの投資

第一子は「人のためにお金を使いたい」という金銭感覚を持っているため、

例えば、食事の際に気前よくおこってしまうという傾向があるようです。

 

クラウドファンディングとは、不特定多数の人が、ネットを経由して、

特定の目的を持った事業法人や個人に対し、資金提供をする仕組みのこと。

日本では、資金提供の見返りとして配当を受け取る「投資型」は、

まだそれほど普及していませんが、

今後普及が進めば「資金提供=人のためにお金を使う」ことにつながり、

単に金融商品を購入するよりも満足度が高くなるのでは?

 

 

②末っ子・・・ロボットアドバイザーに任せる

末っ子は「(重要なことは)人に決断してもらった方が良い」と考える傾向が。

というのも、家庭内では、親や第一子が決断をしたため、

末っ子が自分で決めることに慣れていないから。

 

ロボットアドバイザーとは、出された質問に解答すると、

最適な金融商品等を提案してくれる、というもの。

あとは、その提案に従うだけなので、自分で決断する必要ななし。

確かに末っ子に向いているかも?

 

 

③中間子・・・株式投資がオススメ

中間子は「お金にシビア」という金銭感覚を持っているそう。

そのため、十分な分析&堅実な判断が期待できることから、

株式投資をすることで、他のきょうだいよりも多くの利益を稼ぐ可能性があります。

 

 

④一人っ子・・・確定拠出年金(iDeCo)での積み立て

一人っ子は「お金に無頓着」、

つまり「あれば使うし、なければ使わない」という金銭感覚の持ち主。

その点から考えると、iDeCoは打って付け!

何しろ、iDeCoの掛け金は毎月口座から自動的に引き落とし、

また、掛け金の引き出しも原則60歳以降にならないとできません。

これなら「あれば使ってしまう」という性格の人でも確実に貯められますね。

 

 

以上、ご紹介しましたが、いかがでしたか?

最後に、大切なのは「自分の性格に合った資産運用」をすること。

「一人っ子はお金に無頓着」と書きましたが、必ずしもそうとは限りません。

でも、お金に無頓着な人は、

半ば強制的に貯められるiDeCoは向いてるのでは?と思います。

また、資産運用には、ある程度の運用期間が必要です。

長く続けるためには、やはり自分の性格に合ったものが良いですよね。

 

ちなみに、私自身は末っ子なのですが、やっぱり②に当てはまるかな?

(①と④は間違いなく当てはまりません!)

普段使っている浦发银行のアプリの中に「财智机器人」というシステムがあり、

まさしくロボットアドバイザーとして、分析やオススメをしてくれるので、

結構使ってます ;-)

 

※あくまでも、投資は自己責任となりますので、

実際に投資をされる際には、ご留意頂ければと思います。

 

ブログ【となりのママは知っているin上海】第80回『たった100元~資産運用ができる?!』

最近、理財(中国版の投資信託)の利率が上昇傾向です。

私は浦发銀行のアプリを使って理財を行っていますが、

例えば、収益保証型(=元利保証)の利率で比較してみると、

約半年前は4%⇒現在は4.4%

また、非保本浮动收益型(=元利保証なし)の場合でも、

約3ヶ月前4.95%⇒現在5.1%となっています。

(いずれの数値も11月2日現在)

 

ただし、これらの理財を行うのにネックだったのが「投資金額」。

ほとんどの理財は5万元からスタート、となっているので、

最初からいきなり5万元・・・となると、ハードルが高いと感じる方が多いかも?

 

浦发銀行のアプリを探っていると、新しい種類の資産運用商品を発見!

その名も「靠浦e投」、これは100元から投資可能なんですよ 8-O

 

私がこれまで購入した理財は、浦发銀行が発行している投資商品でしたが、

靠浦e投は「企業への出資」という性質(浦发銀行はその仲介をする)のようです。

そのせいか、資金を必要とするたくさんの企業への出資として、

毎日10数件の靠浦e投の商品が、次々にアプリに掲載されています。

総出資金額、出資期間、利率も様々なので、

自分に合った出資先や金額を選択することができるのでは?

 

 ということで、靠浦e投に初めて挑戦してみることに!

今回購入した商品は、东营市の有限公司に対する出資で、

総出資金額は約50万元、出資期間67日、利率4.8%。

利率は決して高くはないですが、

①金額が少なくてもOK(100元~可) ②期間が短い(約2ヶ月)

が決め手となり、1万元出資することに。

上手くいけば、2ヵ月後に約90元の利息を受け取ることができるはず ;-)

 

靠浦e投について心配なのは、リスクが高めなのでは?という点でしょうか?

浦发銀行が直接販売している理財については、

浦发銀行が倒産するリスクはかなり低いと思いますが、

靠浦e投の出資先はどんな企業か、私は全く分かっていません :cry:

なので、少しでもリスクを回避するため、

「期間は短く、金額は少なく」が良いのかな?と思っています。

 

ただ、靠浦e投は、結構な人気があるようで、

ほとんどの商品が、アプリ掲載後数時間で売り切れてしまいます。

興味のある方は、ぜひこまめにチェックしてみて下さい!

 

※あくまでも、投資は自己責任となりますので、

実際に投資をされる際には、ご留意頂ければと思います。