ブログ【となりのママは知っているin上海】第69回『滴水湖へ』

電車マニアの我が息子、

以前から「(まだ乗ったことのない)地下鉄16号線に乗ってみたい!」

とリクエストしていたので、

先日、2人で16号線に乗って、終点の「滴水湖」まで行ってみました。

 

blog69-1

↑16号線の車両、外観は他の地下鉄とほとんど同じですが・・・

 

blog69-2

↑車内はボックスシートのようになっていて、

通勤電車の雰囲気ではないですね。

 

ほとんどの線路が地上を走っていて、

車窓から見える菜の花畑がキレイでした!

blog69-3

 

 

終点の「滴水湖」駅へ到着、まずは「航海博物館」へ。

blog69-4

 

文字通り、船舶に関する博物館で、

沢山の船の模型や実物が展示されています。

ちょうどこの日は現地小学生の遠足だったようで、

大勢の小学生が見学に訪れていました。

blog69-5

 ↑このように、実物の船の中に入って見学もできます。

 

じっくり見て回れば、2~3時間くらいかかるかも?

(私達は1時間しかいませんでしたが・・・)

ただ、レストラン等がないので、食事をはさむ場合は、お弁当を忘れずに!

(3階の広場のような所で、お弁当を広げることができるようです)

 

 その後、湖の周辺を散歩しながら「クラウンプラザホテル」へ。

↓湖の先にうっすら見えるのが、目指すホテル。

blog69-6

 

blog69-7

↑湖の周辺には、散歩に適した舗道が整備されているので、

歩きやすいです。

 

 

航海博物館から歩いて約30分、ようやくホテルに到着!

blog69-8

 

 

「滴水湖」駅→航海博物館→ホテルまで、

ほぼずっと歩き続けて、息子も私もヘトヘト :cry:

ホテル内のレストランでゆっくりランチをして、

帰りは「滴水湖」駅までタクシーで戻りました ;-)

 

夏になると、果物の露店が軒を連ねたり、

大勢の人がバーベキューをしに訪れたり、

もっと賑やかになるとのこと。

(私達が行った日は、道を歩いている人がほとんどいないし、

ホテルのレストランも客は私達だけで、淋しかった・・・)

基本的には湖以外に何もない所なので、

リゾート目的でゆっくり過ごすのがオススメです。

 

ブログ【となりのママは知っているin上海】第68回『家計簿つけて家計を管理(その2)』

以前のブログで「家計簿をつけてみませんか?」というご提案をしました。

(本ブログ第45回『家計簿つけて家計を管理』)

 

最低でも3ヶ月は続けるべし!と書きましたが、

その後皆さんはいかがでしょうか?

 

 

私は、先日ようやく昨年(2016年)1年間の家計簿の集計を終えましたが、

全体的には「上手にやりくりできた!」と言えるものの、

「無駄遣いかも?」と思える部分も見つかりました。

 

 

「上手にやりくりできた!」というのは、

予想より多くの貯蓄ができたから :lol:

 

我が家の場合、1年の初めに大まかな予算を立てる、

つまり、私が生活費として使えるのはxxx元、主人のおこづかいはxxx元・・・

といった具合に、毎月の支出限度額を予め決めています。

 

当然、月ごとの支出にはバラつきがありますが、

1年間を通して見てみると、その予算より実際の支出額が少なかったので、

結果として、予想より多くの貯蓄を達成できた!という訳です。

 

 

ただし・・・家計簿に記載した各費用の項目別に見ると、

「交通費」がかなり多い :-(

 

思い当たるのは、昨年は息子と一緒に何度か旅行に行って、

その際の自宅・空港の往復に、すべてタクシーを利用したから。

つい「楽だから・・・」とタクシーを使っていましたが、

今年は、可能なら地下鉄やリニアモーターカーを利用しようと思っています。

タクシーの場合は片道約200元、リニアモーターカーは片道40元、

これって結構大きな差ですよね?

 

 

私が何故そこまで細かく家計管理にこだわるか?

それは「いずれ日本に戻るから」

 

上海在住の日本人の多くが、駐在員とその家族ではないでしょうか?

海外駐在中は、手当が出たり、家賃補助があったり、好待遇ですが、

本帰国したらごく一般的なサラリーマン・・・

手当や家賃補助がなくなって、急に生活をグレードダウンしようとしても、

これがなかなか難しいのです :-(

 

 

皆さんも、家計簿をつけると、自分の生活の全体像が見えて来るはず。

そこから、単純に「節約しよう!」だけでは、

モチベーション上がりづらいかもしれませんが、

「いずれ日本に戻った時に苦労しないために・・・」と思えば、

少しずつ生活をサイズダウンしていくことが出来るのでは?

それが達成できれば、自然と貯蓄も増えるし、

まさに「一石二鳥」ですよね!

 

 

何はともあれ、家計管理は「家計簿」から!

まだつけていない方、本当におススメです!

 

『親想い110番』申込み受付休止のお知らせ

平素は快活ライフをご利用頂き、ありがとうございます。

『親想い110番』につきましては、

現在お申込みの受付を休止させて頂いております。

ご了承下さいますよう、よろしくお願い致します。