快活ライフのマネー教室”マネー脳力アップ”シリーズLesson19『円とドルの歴史と為替のリスクヘッジを伝授!』

このシリーズでは、毎回金融に関する様々な情報・知識をお伝えして、

皆さんのマネー脳力アップのお手伝いをしていきます。

ここでの脳トレが、皆さんの生活力アップにきっとつながりますよ!

 

 

今回のテーマは「為替」

これまでのレッスンの中でもお話しましたが、

 

基本的な考え方は「一つの通貨に偏るのは好ましくない」

 

つまり、幾つかの通貨に分散して持っているのが理想的。

円高になっても、反対に円安になっても大丈夫な資産構成を築く、

というのが大切です。

 

 

 

これまで為替(円とドル)がどんな動きをしてきたか、振り返ってみましょう。

 

以前は、円とドルは固定相場でした(1ドル=360円)。

1948年~この固定相場制度が始まり、

1973年2月~変動相場制度となりました。

現在(2016年5月)は1ドル=110円前後に落ち着いています。

 

 

ちなみに、1年間で最も動いたのは1985年~1986年。

1ドルが238円⇒168円、と70円も動いたんです!

 

短期間にこれだけ円高になっても、日本経済は成長を続けていたので、

今考えると、当時はとんでもない成長力だったんだ・・・と改めて感じますね。

 

 

円高が最も進んだのが、2011年10月31日。

1ドル=75.8円まで高くなったのです。

 

多くの書籍では「もっと円高になる」「50円までいく」「いや、30円だ」

なんて話も出ましたが、結局その時点をピークに円安になり、

そして最近125円まで円安になりましたが、現在また円高となり・・・

 

 

 

つまり、「為替は読めない」というのが、専門家達の結論なのです。

 

ではどうすれば良いのか?

為替を読むのはあきらめて守りを固める、つまり通貨を分散して持つ

ということが重要なポイントになってきます。

 

 

 

日本は輸出産業が発展しているので、

円安になった方が輸出企業の業績は上がります。

 

一方で、円安になると、輸入食料品の価格が上昇するので、

家計を預かる主婦にとってはやりくりが厳しくなります。

ということで、それぞれメリット・デメリットがあります。

 

 

 

これは、あくまで「例えば」の話ですが、

1ドル=75.8円の時に(2011年10月)1000万円をドルへ替えると、

131,926ドルを手にすることができます。

 

その後、その年の年末のレートは1ドル=77.8円、

約2ヶ月前に手にした131,926ドルを円に換算すると1026万円、

つまり、ほんの2ヶ月の間に26万円増えたことになります。

 

翌年の年末のレートは1ドル=86.6円、同じくドルを円に換算すると1142万円

 

2013年の年末には1ドル=105円、同じくドルを円に換算すると1385万円

 

2015年の年末には1ドル=120.5円、同じくドルを円に換算すると1589万円

わずか4年数ヶ月約600万円増えたことになります。

 

 

 

つまり、ドルを持っているかどうか、

通貨の分散保有ができているかどうかで、

円安のメリット・デメリットの受け取り方が変わってきます。

 

 

この例では円安のメリットに焦点を当てましたが、

逆に円高の場合は資産が目減りすることになります。

 

そういったリスクを少しでも減らすためには、

「通貨を分散して持つ」ことが重要なのです。

 

 

 

 

[お知らせ]

本シリーズ”マネー脳力アップ”は

日本語ラジオ「LivAiA!」(リヴァイア!)でも聞くことができます。

 

IMG_1533

喜马拉雅FMというアプリをダウンロードし、

「LivAiA!」を検索して下さい。

「livaia日语电台」の主播の中にある

「快活ライフのマネー教室」という番組名です。

 

毎週木曜日に更新して新しい情報をお届けしています。

 

 

<これまで掲載した内容はこちらをクリックしてご覧下さい>

“マネー脳力アップ”シリーズLesson18『フィリピンの金融商品』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson17『HSBC銀行口座開設のメリット・デメリット』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson16『世界の金融商品③(学資保険)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson15『世界の金融商品②(海外の駐車場オーナー)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson14『世界の金融商品①』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson13『繰り上げ返済』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson12『住宅ローンの賢い選び方』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson11『金融マメ知識(72の法則&ドルコスト平均法)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson10『金融マメ知識(単利と複利)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson9『日本三大リスク(国の借金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson8『日本三大リスク(人口減少)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson7『日本三大リスク(年金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson6『不動産投資(その3)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson5『不動産投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson4『不動産投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson3『海外投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson2『海外投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson1『生命保険』

ブログ【となりのママは知っているin上海】第52回『初めての雑技団』

上海へ来て3年経ちました。

いつでも観にいけると思っていたのに、これまで一度も行ったことがなかった雑技団を観に行ってきました。

 

というのも、いつも利用している日系の店から、端午節の期間に良い席で雑技団を観れるお得なチケットのお知らせがあったんです。

300⇒180元!!これを逃したら、しばらく観ないだろうと思って家族で行って来ました。

 IMG_1703

 

上海に雑技団はいくつもあるようですが、今回選んだのはポートマンです。

リッツカールトンの中にあって、会場もとてもきれいでした。

IMG_1709

 

座席は前から4列目の中央付近で、本当に良い席でした。

IMG_1707

 

日本人・韓国人・欧米人が多く台詞は無いので観るだけで十分楽しめます。

 

息を呑むような技や体の柔らかさに驚かされたり、途中にはコントのようなものが挟まれていて、飽きさせないプログラム構成でした。

夜の7:30から始まり9:00まででしたが、あっという間の1時間半で、子供も十分楽しめていました。

 IMG_1706

 

想像していたよりもずっと楽しめました。

他の劇場であっているバイクのショーも面白いと聞いたので、

近いうちに行ってみようと思います。

快活ライフのマネー教室”マネー脳力アップ”シリーズLesson18『フィリピンの金融商品』

このシリーズでは、毎回金融に関する様々な情報・知識をお伝えして、

皆さんのマネー脳力アップのお手伝いをしていきます。

ここでの脳トレが、皆さんの生活力アップにきっとつながりますよ!

 

 

 

今回のテーマは、フィリピンの金融商品です。

今日はちょっと面白い商品をご紹介したいと思います。

 

フィリピンと聞くとどんなイメージですか?!

非常に子供が多い国です。

それで現在、人口ピラミッドがしっかりと形成されています。

 

そんなフィリピンにタクシーファンド”という、なかなか馴染みのない商品があるんです。

 

そもそも、どうしてこの商品が生まれたのでしょうか?


経済は成長しているとはいえ、まだまだ安全ではないと感じる部分も・・

タクシーもそのひとつ。                                                      

                                                                                                    

:-( 運賃を交渉される                                                                      
:cry: メーターをあげてもらわずに交渉すると、ほぼボッタくられる         

:evil: 人気のないところに連れていかれる可能性もなくはない・ ・               

          ↑

そういう意味では、タクシーに対する安全性のニーズがあるんです。

 

 

 

 

 

 

そんなフィリピンで、

 

日本人が経営しているタクシー会社が登場しました。


安全性明朗会計を売りにしたタクシー会社で、そこにいろんな付加価値
つけたりして、成長している企業です。
いまなら、タクシーを増えせば儲かるようなんです。
そこで、タクシー台数を増やすために、ファンドにして売り出しているんですよね!

 

 

 

 

 

 

«1口約237万円»       


年利12%確定です。        


3、5、10年の期間があり    


基本的には元金と利息を毎月受け取るというシステムです。

 

 

 

 

 

 

ちなみに

もともと4~5台で始めたこちらの会社、今では400~500台になっているそうです。
ガソリンスタンドも作っていて、タクシー会社以外にもbarやモツ鍋屋のような飲食店もやっているようです。

世界には、まだまだ知らない商品がたくさんありますね!

 

*あくまでも、投資は自己責任となりますので、実際に投資を
される際には、ご留意頂ければと思います。

 

 

 [お知らせ]

本シリーズ”マネー脳力アップ”は
日本語ラジオ「LivAiA!」(リヴァイア!)でも聞くことができます。

IMG_1533

喜马拉雅FMというアプリをダウンロードし、
「LivAiA!」を検索して下さい。
「livaia日语电台」の主播の中にある
「快活ライフのマネー教室」という番組名です。

毎週木曜日に更新して新しい情報をお届けしています。

 

 

<これまで掲載した内容はこちらをクリックしてご覧下さい>

“マネー脳力アップ”シリーズLesson17『HSBC銀行口座開設のメリット・デメリット』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson16『世界の金融商品③(学資保険)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson15『世界の金融商品②(海外の駐車場オーナー)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson14『世界の金融商品①』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson13『繰り上げ返済』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson12『住宅ローンの賢い選び方』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson11『金融マメ知識(72の法則&ドルコスト平均法)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson10『金融マメ知識(単利と複利)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson9『日本三大リスク(国の借金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson8『日本三大リスク(人口減少)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson7『日本三大リスク(年金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson6『不動産投資(その3)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson5『不動産投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson4『不動産投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson3『海外投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson2『海外投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson1『生命保険』

 

快活ライフのマネー教室”マネー脳力アップ”シリーズLesson17『HSBC銀行口座開設のメリット・デメリット』

このシリーズでは、毎回金融に関する様々な情報・知識をお伝えして、

皆さんのマネー脳力アップのお手伝いをしていきます。

ここでの脳トレが、皆さんの生活力アップにきっとつながりますよ!

 

 

今回のテーマ「HSBC銀行口座開設」については、

お問い合わせを頂いたり、雑誌に取り上げられたりしていますが、

そもそも「なぜHSBC銀行に口座を開設するのか?」からお話しましょう。

 

 

 

海外の金融商品購入のリスクの1つとして「為替リスク」があります。

 

例えば、海外金融商品を購入して満期が到来、

その満期の時点で為替レートが良くなければ、

日本円に両替したくない、と思うはずです。

その通貨のまま持っておけば(その時点では)為替リスクは発生しません。

 

海外の金融商品を購入する場合には、海外の銀行口座を持っていると、

満期以降もその通貨のまま持っておくことができるので、

為替リスクを回避しやすくなるのです。

 

 

 

海外にある沢山の銀行の中で、なぜHSBC銀行が良いのか?

やはり、大手で、信用もある銀行が良いですよね。

例えば香港、マレーシア、シンガポールなどの、金融先進地域で、

自在性がある(自由にお金の出し入れができる)ような銀行が良いでしょう。

 

 

 

多くの方はHSBC銀行の香港支店口座を開設しています。

 

その理由は・・・

 

①日本からの利便性が良く、マレーシア・シンガポールより日本に近いので、

何かあった時にすぐに現地に行って対応できます。

現在では、ネットバンキングが使えるので、更に使いやすくなりました。

 

②1口座の中で12種類の通貨を管理することができ、

また、ネットバンキングの中で両替することもできます。

例えば、前回ご紹介したポンド建ての商品について、

満期時にポンドで受け取ったものの、

その時点での為替レートが悪い場合には、

ポンドのまま口座に残しておき、為替レートが良い時に日本円に両替する、

ということが可能です。

 

共同名義で1つの口座を開設することができます。

夫婦で1つの口座を開設すると便利なことがあります。

例えば、ご主人が亡くなった場合、一旦ご主人名義の銀行口座はロックされ、

一定の手続きが終了するまで、銀行からお金を引き出すことができなくなります。

日本では共同名義口座は作ることができません。

 

ご夫婦の共同名義口座であれば、

ご主人が亡くなっても奥様がお金を引き出すことができます。

具体的な引き出し方法ですが、セブンイレブンや郵便局のATMで、

1日約30万円まで引き出し可能です。

賢く使うと便利ですね!

 

 

 

気を付けなければならないのは「最低限の預金額が必要」ということ。

それを下回ると、手数料が差し引かれるので、資産が目減りしてしまいます。

 

HSBCには、プレミア口座、アドバンス口座、スマートバンテージ口座の3種類があり、

例えば、スマートバンテージ口座では、

5000香港ドル(約7~8万円)を下回ると手数料がかかってしまいます。

また、2年間口座を使わないと、口座がロックされてしまいます。

 

 

 

以前は、個人で香港に行って口座を開設することができましたが、

現在では業者を通してでないと、口座開設できなくなりました。

(快活ライフでは、口座開設のお手伝いしています)

上記の点に十分留意していただいて、

HSBC銀行香港支店口座を有効に活用してみてください。

 

 

 

 

[お知らせ]

本シリーズ”マネー脳力アップ”は

日本語ラジオ「LivAiA!」(リヴァイア!)でも聞くことができます。

 

IMG_1533

喜马拉雅FMというアプリをダウンロードし、

「LivAiA!」を検索して下さい。

「livaia日语电台」の主播の中にある

「快活ライフのマネー教室」という番組名です。

 

毎週木曜日に更新して新しい情報をお届けしています。

 

 

<これまで掲載した内容はこちらをクリックしてご覧下さい>

“マネー脳力アップ”シリーズLesson16『世界の金融商品③(学資保険)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson15『世界の金融商品②(海外の駐車場オーナー)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson14『世界の金融商品①』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson13『繰り上げ返済』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson12『住宅ローンの賢い選び方』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson11『金融マメ知識(72の法則&ドルコスト平均法)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson10『金融マメ知識(単利と複利)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson9『日本三大リスク(国の借金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson8『日本三大リスク(人口減少)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson7『日本三大リスク(年金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson6『不動産投資(その3)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson5『不動産投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson4『不動産投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson3『海外投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson2『海外投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson1『生命保険』

ブログ【となりのママは知っているin上海】第51回『ドル建て資産運用デビュー!』

先月、このブログ(第47回『理財を始めて1年』)で

「中国の金利低下で、理財の旨みが減っている」というお話をしました。

今度こそ日本円・人民元以外の通貨での資産運用を!と決心を固め、

とうとう米ドル建ての投資商品を購入しました!!!

 

どんな商品かというと・・・こちらに詳細が載っています↓

ほっとんくんのマネー教室「マネー脳力アップシリーズ Lesson14」

 

この商品には「積み立て型」と「一括型」がありますが、

私が選んだのは「積み立て型」です。

 

 

この商品を選んだ理由は3つ。

米ドル建て・・・米ドルは世界の基軸通貨、使い勝手が良い :-D

②利回りの最低保証付き・・・140%の利回りが確定しています ;-)

③投資期間途中で引き出し可(但し、一定の条件付き)

・・・投資期間が長い(15年)ものの、途中引き出しができることによって、

臨機応変に対応できそう

 

 

今までは、為替リスクが怖くて「外貨建て」に手を出さなかったのですが、

最近では、日本はマイナス金利、中国でも金利低下傾向、となると、

米ドルは持っていてもいいのかな・・・と思えるように。

 

また、「ドルコスト平均法」という考え方を学んだのも大きなキッカケです。

「ドルコスト平均法」とは、投資の時間を分散させることによって、

利益を平準化させ、リスク回避ができる、という方法です。

詳細はこちら⇒ほっとんくんのマネー教室「マネー脳力アップシリーズ Lesson11」

 

 

購入手続きに必要なのは、

①パスポート ②住所を証明できるもの

③連絡先(電話番号、メールアドレス)

④クレジットカード(日本発行・中国発行、どちらでもOK)

⑤満期金を受け取る銀行口座番号

収入証明などは不要なので、私のような専業主婦でも購入できます。

 

 

購入手続き後、約1週間で投資先から「申し込み完了」のメールが届き、

その後更に1週間後、証書が宅配便で自宅に届きました。

blog51-1

 ↑これが届いた証書。A4サイズでハードカバーの表紙。

余りの豪華さにちょっとビックリ :roll:

 

 

その後は宅配便に同封されていた「口座ログイン」のパンフレットに従って、

登録手続きをすると、オンラインで運用状況をを確認したり、

住所変更等の手続きをすることができます。

勿論、すべて日本語で対応しています!

blog51-4

 

先週、第1回目の支払が完了したばかり。

今後、毎月一定額を支払っていくことになりますが、

実際どんな感じになるのか、来月また皆さんにご報告します!

 

※あくまでも、投資は自己責任となりますので、

実際に投資をされる際には、ご留意頂ければと思います。

 

 

 

 

 

快活ライフのマネー教室”マネー脳力アップ”シリーズLesson16『世界の金融商品③(学資保険)』

このシリーズでは、毎回金融に関する様々な情報・知識をお伝えして、

皆さんのマネー脳力アップのお手伝いをしていきます。

ここでの脳トレが、皆さんの生活力アップにきっとつながりますよ!

 

様々な「世界の金融商品」のあれこれをご紹介してきましたが、

今回のテーマは子供のための「学資保険」です。

 

日本では学資保険というと郵貯のイメージが強いかもしれません。

他にもソニー生命アフラックを検討中の方もいらっしゃるでしょうか?

実は、海外にも似たような商品があることをご存知でしたか?

 

まず、学資保険の目的は、子供の将来の教育費を準備することです。

場合によってはせっかく貯めた資金が減ってしまうこともあるんです!

 

 

 

実際に日本と海外の商品を比べてみましょう!

 

 

« どれくらいお徳なの?»

郵便局の学資保険

100万が18年後⇒ 90%になります。

 

  減ってしまいます! 

 

 

民間の保険会社

100万円が18年後⇒110%

 

日本で選ぶ場合90~110%の中に商品が点在している状況です。

 

ではここで カナダの学資保険を ご紹介!

結論から言うと、270%になります。

 

 

 

«支払い方法は?»

・一時払い←270%になるタイプ

・5年払い

・18歳まで払い

以上の3つから選ぶことが出来ます。

 

 

 

«安全性は?»

こちらの商品、3つの方法で安全性を高めています。

 ①預けたお金はすべて信託管理されます。

  (信託とは・・もしこの会社が負債を負って倒産したとしても、

  預けたお金は守られる)

 

運用はすべて債券のみです。

格付けで言うとAAAのカナダ国債中心での運用になります。

 

監査法人が入っていて、毎年一回報告があります。

 

※こちらは12歳以下の子供さんをお持ちの方のみ、加入可能の商品です。

 

子供の教育費は年々増えていますし、教育費のインフレも・・

よりお金が掛かる大学の費用の準備に、お勧めしたい商品です。

 

*あくまでも、投資は自己責任となりますので、実際に投資を
される際には、ご留意頂ければと思います。

 

 

 

[お知らせ] 

本シリーズ”マネー脳力アップ”は
日本語ラジオ「LivAiA!」(リヴァイア!)でも聞くことができます。

IMG_1533

喜马拉雅FMというアプリをダウンロードし、
「LivAiA!」を検索して下さい。
「livaia日语电台」の主播の中にある
「快活ライフのマネー教室」という番組名です。

毎週木曜日に更新して新しい情報をお届けしています。

 

 

<これまで掲載した内容はこちらをクリックしてご覧下さい>

“マネー脳力アップ”シリーズLesson15『世界の金融商品②(海外の駐車場オーナー)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson14『世界の金融商品①』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson13『繰り上げ返済』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson12『住宅ローンの賢い選び方』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson11『金融マメ知識(72の法則&ドルコスト平均法)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson10『金融マメ知識(単利と複利)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson9『日本三大リスク(国の借金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson8『日本三大リスク(人口減少)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson7『日本三大リスク(年金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson6『不動産投資(その3)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson5『不動産投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson4『不動産投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson3『海外投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson2『海外投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson1『生命保険』

ブログ【となりのママは知っているin上海】第50回『タオバオアプリ使ってみたら便利だった!』

最近使ってみて便利だなぁと思ったのは「タオバオアプリ」です。

注文した商品の発送状況を出先で確認できますし、時には注文も・・

 

アプリをダウンロードして(中央付近のオレンジの「淘」)

 IMG_1681

 

 

使っているタオバオのIDを設定します。

あとは、パソコンやipadと同じ使い方です。

 

 

購入後は、

右下の「我的淘宝」をタッチすると、商品の状況が分かります。

 IMG_1679

 

 

「待収貨」→購入した商品が分かります。

 

 IMG_1680

それぞれの商品の下の「査看物流」から、荷物がどこにあるのか確認できます。

 

 

 

注文後2日で無事に届きました。

 IMG_1683

 

 

支払いもこのアプリから出来ますし、パソコンで見るより早いです。

また支払い時に支付宝のパスワードを聞かれますので、なんとなく安心。

便利すぎて、買いすぎに注意!です。

快活ライフのマネー教室”マネー脳力アップ”シリーズLesson15『世界の金融商品②(海外の駐車場オーナー)』

このシリーズでは、毎回金融に関する様々な情報・知識をお伝えして、

皆さんのマネー脳力アップのお手伝いをしていきます。

ここでの脳トレが、皆さんの生活力アップにきっとつながりますよ!

 

 

今回も、最低保証のある、海外の金融商品をご紹介します。

 

今回は「駐車場のオーナーになりませんか?」という、

今までと少し違った商品です。

 

 

皆さんは、イギリスのグラスゴーという都市をご存知ですか?

スコットランドの中で、ロンドンに次ぐ大きな都市で、

そのグラスゴーにある空港の駐車場が、現在かなり不足しています。

 

グラスゴー空港に関する情報は次の通りです。

スコットランドの中で2番目、イギリス全体では8番目の大きさの空港

・市内から空港までは車で15~20分ぐらい、非常に便利な場所

・旅客数は(年間)770万人、将来的には1000万人まで増えると予測

⇒基本的には成長を予測されている空港です。

 

 

グラスゴー空港には、現在2700台分の駐車場がありますが、

需要の予測では2020年には17900台分が必要と言われており、

全く足りない状況です。

 

 

 

イギリスのある会社が空港周辺の土地を買収して、

次々に駐車場を建設、販売しています。

これまでのところ、パーク1~5は完売、現在最後の区画の売り出し中です。

 

 

資料によると、このイギリスの会社が最終予定地となる土地の買収を終え、

駐車場を建設中、その駐車場の1区画ずつを販売しており、

「これを買いませんか?」という商品です。

 

 

この商品を購入した場合には、「土地」を購入したことになるので、

土地の権利証を受け取ることができます。

ただし、実際には自分でその土地を管理できないので、

駐車場の管理はリース会社に委託し、

リース契約として利回りが確定する、という商品です。

 

 

このリース契約は6年契約となっており、利回りは・・・

 

1年目・2年目・・・年利8%(確定)

3~6年目・・・その時に応じて

(過去の実績・予測では、3~4年目:10%、5~6年目:12%)

 

 

この商品はポンド建て、収益の受け取りもポンドとなります。

初期投資(一時金)は2万ポンド(1ポンド=161円とすると、322万円)。

 

つまり、この投資は300万円余りで始めることができるのです。

 

 

また、この商品の大きな特徴として、5年後に買い取り保証制度が付いています。

これは、2万ポンドで購入したものを、

5年後に購入金額(2万ポンド)で買い取ってもらうことができる、というもの。

つまり、この買取保証制度を利用すれば、

初期投資の20000ポンドが(予測を含めて)5年後に29600ポンド

増えることになります。

(日本円に換算すると、5年間で約150万円増えることに)

 

 

これだけ利回りが良く、条件の良い投資商品は日本にはなかなかないはず。

このように、海外には驚くような投資商品があるんですね。

 

※あくまでも、投資は自己責任となりますので、

実際に投資をされる際には、ご留意頂ければと思います。

 

 

 

【お知らせ】 

本シリーズ”マネー脳力アップ”は

日本語ラジオ「LivAiA!」(リヴァイア!)でも聞くことができます。

 

IMG_1533

喜马拉雅FMというアプリをダウンロードし、

「LivAiA!」を検索して下さい。

「livaia日语电台」の主播の中にある

「快活ライフのマネー教室」という番組名です。

 

毎週木曜日に更新して新しい情報をお届けしています。

 

 

<これまで掲載した内容はこちらをクリックしてご覧下さい>

“マネー脳力アップ”シリーズLesson14『世界の金融商品①』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson13『繰り上げ返済』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson12『住宅ローンの賢い選び方』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson11『金融マメ知識(72の法則&ドルコスト平均法)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson10『金融マメ知識(単利と複利)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson9『日本三大リスク(国の借金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson8『日本三大リスク(人口減少)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson7『日本三大リスク(年金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson6『不動産投資(その3)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson5『不動産投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson4『不動産投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson3『海外投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson2『海外投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson1『生命保険』

 

 

快活ライフのマネー教室”マネー脳力アップ”シリーズLesson14『世界の金融商品①』

このシリーズでは、毎回金融に関する様々な情報・知識をお伝えして、

皆さんのマネー脳力アップのお手伝いをしていきます。

ここでの脳トレが、皆さんの生活力アップにきっとつながりますよ!

 

今までの放送では、比較的に不安になる要素を説明してきましたが、
今回から3回に分けて、世界の金融商品ご紹介したいと思います。

 

「最低保証がある商品」と「最低保証がないリスクのある商品」

あなたはどちらを選びますか?

 

今回ご紹介する商品は、「最低保証がある商品」です。

 

S&P社が開発した、「S&P500」という商品です。

 

格付け会社のS&Pはご存知でしょうか?
ニューヨーク証券取引所とナスダックの中で、

S&P社が選んだ優良500社をインデックスにしたもので、
基本的には、S&P500の利回りと連動する商品です。

 

1つの企業に資産を預けるのは、リスクがありますよね!
500社ある中に、いろんな優良企業がありますので、基本的には
リスク分散され、右肩上がりが予想されます。

 

 

 

過去実績では、1928年からS&P500は数値化されています。
2015年S&P500の運用が、1.36% :-D :-D :-D

¦ 
2008年リーマンショックがあり、マイナス :-(
 この間の7年間はプラス運用 :-) :-)

 

2000年以降でみますと、通貨危機やテロがあった時期はマイナスですが、
それ以外プラスで推移しています。

 

 

 

 

では実際の商品例を見てみましょう!

商品としては、積み立て型一括払い込み型があります。

 

(積み立て型)
15年間の積立期間。
最低保証は、140%になります。
※日本の商品だと、101%とか102%程度です。

          ↓

例えば
300ドルを12か月支払い  15年間積み立て
支払い金額540万円⇒  756万円

一括払いの場合は7年満期で100%の保障となります。

 

 

今、最低保証がある商品は少ないですので、この商品は魅力ですね!
子供の教育費などを考えた場合に15年間というのはちょうどいいです。
子供が生まれたときに、学資保険代わりに始めてみるのも
いいかもしれないですね!

 

*あくまでも、投資は自己責任となりますので、実際に投資を
される際には、ご留意頂ければと思います。

 

 

 

[お知らせ] 

本シリーズ”マネー脳力アップ”は
日本語ラジオ「LivAiA!」(リヴァイア!)でも聞くことができます。

IMG_1533

喜马拉雅FMというアプリをダウンロードし、
「LivAiA!」を検索して下さい。
「livaia日语电台」の主播の中にある
「快活ライフのマネー教室」という番組名です。

毎週木曜日に更新して新しい情報をお届けしています。

 

 

<これまで掲載した内容はこちらをクリックしてご覧下さい>

“マネー脳力アップ”シリーズLesson13『繰り上げ返済』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson12『住宅ローンの賢い選び方』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson11『金融マメ知識(72の法則&ドルコスト平均法)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson10『金融マメ知識(単利と複利)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson9『日本三大リスク(国の借金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson8『日本三大リスク(人口減少)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson7『日本三大リスク(年金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson6『不動産投資(その3)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson5『不動産投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson4『不動産投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson3『海外投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson2『海外投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson1『生命保険』