ブログ【となりのママは知っているin上海】第49回『春秋航空に乗って日本の旅行を満喫』

3月に初めて春秋航空を利用して佐賀へ、

そのコスパの高さに感動し(?)、さっそく第2弾を企画。

春秋航空HPでは名古屋行きのチケットが安かったので、

まずはそのチケットを購入(木曜日出発、日曜日戻り)。

 

息子は「京都の鉄道博物館と福井の恐竜博物館に行きたい!」。

ということで、移動が多くてかなり非効率ではあるものの、

LCCだからこそできる格安旅行(3泊4日)へ息子と2人で行ってきました。

 

 

blog49-1

1日目、浦東空港では、佐賀行きと同じく、タラップから機内へ。

前回同様、座席は窓寄り2席を手配してくれました(こちらが何も言わなくても)。

また、前回は機内の軽食を予約しましたが、今回は手作り弁当を持参。

(ちなみに、機内食は1食分40元、ちょっとお高め?)

ほぼ定刻通りに名古屋到着、今回も全く問題なしでした。

中部国際空港からは、特急と新幹線で京都へ。

 

 

2日目、9時半に鉄道博物館に到着、開館30分前なのに既に行列が・・・

でも、前売券を買っておいたお陰で、スムーズに入場できました。

(今はコンビニですぐに前売券が買えるんですね、何て便利!)

 

blog49-10

運転シミュレーターのブースには、

運転士用の帽子とジャケットが準備されていて、

気分はすっかり本物の運転士さん♪

 

blog49-4

3階のテラスから外を眺めると、「お寺をバックに特急が走る」

という、いかにも京都らしい風景が。

 

夕方には、京都駅から特急に乗って福井へ移動。

福井駅では、さっそく恐竜がお出迎え。

blog49-5

 

 

 

3日目、福井駅から「えちぜん鉄道」というローカル線に乗って勝山駅へ、

そこからバスに乗り換えて、恐竜博物館へ。

blog49-8

バスもこんな感じで、本当に「恐竜一色」なんですね。

 

恐竜博物館では、化石は勿論、「動く恐竜」も複数いて、迫力満点!

blog49-11

子供向けの映画上映やクイズコーナーもあって、

子供も十分楽しめるようになっています。

 

本当はもっと居たかったのですが、何しろ時間がなくて・・・

実は、翌日の春秋航空の出発時刻が何と朝の7時15分!

そのため、この日のうちに名古屋に戻り、空港近くのホテルに宿泊しないと、

翌日の飛行機に乗り遅れてしまう可能性が・・・

(この辺りが春秋航空の格安たる所以なのかも?)

 

恐竜博物館からバス→えちぜん鉄道→特急→新幹線を乗り継ぎ、

ようやく名古屋へ到着。

夕食は名古屋名物「ひつまぶし」を堪能しました。

blog49-9

 

 

最終日、朝4時半に起床、出発時刻2時間前にチェックインカウンターに着いたものの、既に大行列~

チェックインまで約30分待たされました。

ここが、今回の旅行で一番キツかった・・・

機内では、私も息子も爆睡でした。

 

 

今回の旅行は、日本での移動距離が長く、本当に疲れました~

特に、福井までは遠過ぎる?という気持ちも最初はありましたが、

実は、福井県は今回生まれて初めて訪れた所。

LCCの格安チケットだからこそ、思い切って大胆な旅行ができる!

こういう旅行もアリ!ですね。

快活ライフのマネー教室”マネー脳力アップ”シリーズLesson13『繰り上げ返済』

このシリーズでは、毎回金融に関する様々な情報・知識をお伝えして、

皆さんのマネー脳力アップのお手伝いをしていきます。

ここでの脳トレが、皆さんの生活力アップにきっとつながりますよ!

 

 

以前から多く聞かれる質問の1つに

「住宅ローンの繰り上げ返済、やった方が良い?」というのがあります。

テレビ番組などで、ファイナンシャルプランナーや評論家の人達がよく勧めていますよね。

でも、私はその意見には反対!つまり、繰り上げ返済はNG!と考えています。

 

 

まず、繰り上げ返済とはどういうものでしょうか?

「住宅ローンを組み、返済開始後、資金的な余裕ができて貯めたお金

(例えば100万円)を、返済期限より前倒しして返済すること」を言います。

 

 

繰り上げ返済のメリットは・・・

例えば100万円を繰り上げ返済すると、その100万円はローンの元金に充当、

それにより、その100万円の元金に相当する利息を支払わずに済む、となります。

ローン期間35年の場合、100万円分返済期間を短縮することができます。

 

(例)借入額3000万円、金利1%、期間35年

5年後に100万円繰り上げ返済すると、

1年3ヶ月分期間を短縮、32万円の利息を支払わなくて済む、となります。

 

 

 

ローン期間を短縮できて、支払うべき利息も減らせる・・・

こんなにメリットがあるのに、なぜ繰り上げ返済はNGなの?

 

住宅ローンを組む際には団体信用生命保険(団信)

加入しなければいけません。

ローンを組んだご主人に万が一のことがあっても、

団信の適用で、残された家族は残りのローン返済は免除されるのです。

 

例えば、

60歳で定年退職、退職金で繰り上げ返済を実施、

これで住宅ローンは完済!と喜んでいたら、翌年に心筋梗塞で急死・・・

この場合、退職金で住宅ローンを完済しているので、

手元に現金は残っておらず、残ったのは家だけ

もし、繰り上げ返済をしていなければ、

団信の適用で住宅ローンの返済は免除、家も退職金も手元に残ります。

 

 

 

特に、現在は住宅ローン金利が低いので、

こんなに低い金利で借りられるなら、それを利用しない手はないですよね。

 

 

 

また、小さいお子様がいる家庭では、教育費など益々お金が掛かりますし、

ある程度の年齢を重ねたご夫婦は、病気のリスクへの備えもしないと・・・、

ということを考えると、

やはり、ある程度の現金を手元に残しておく必要があるのです。

 

 

 

低金利時代だからこそ、住宅ローンは借りたままにしておき、

手元資金を効率よく増やす、という選択肢がお勧めです。

 

 

【お知らせ】

本シリーズ”マネー脳力アップ”は

日本語ラジオ「LivAiA!」(リヴァイア!)でも聞くことができます。

 

IMG_1533

喜马拉雅FMというアプリをダウンロードし、

「LivAiA!」を検索して下さい。

「livaia日语电台」の主播の中にある

「快活ライフのマネー教室」という番組名です。

 

毎週木曜日に更新して新しい情報をお届けしています。

 

 

<これまで掲載した内容はこちらをクリックしてご覧下さい>

“マネー脳力アップ”シリーズLesson12『住宅ローンの賢い選び方』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson11『金融マメ知識(72の法則&ドルコスト平均法)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson10『金融マメ知識(単利と複利)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson9『日本三大リスク(国の借金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson8『日本三大リスク(人口減少)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson7『日本三大リスク(年金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson6『不動産投資(その3)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson5『不動産投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson4『不動産投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson3『海外投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson2『海外投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson1『生命保険』

快活ライフのマネー教室”マネー脳力アップ”シリーズLesson12『住宅ローンの賢い選び方』

このシリーズでは、毎回金融に関する様々な情報・知識をお伝えして、

皆さんのマネー脳力アップのお手伝いをしていきます。

ここでの脳トレが、皆さんの生活力アップにきっとつながりますよ!

 

これから住宅ローンを組むことをお考えの方から、
固定金利がいいのか?」
変動金利がいいのか?」
「またどう組み合わせればいいですか?」
といったご質問を受けることがよくあります。

 

現時点では、金利は固定金利のほうが高いです。
長期で35年ローンが組めますが、金利は高めで設定されています。
変動金利のほうが金利は低いです。

 

現在の変動金利の金利はいくらでしょうか?
20数年前は、4.4%だったと記憶しております。
今は、変動で組むと1%を切っています。
ただ、変動金利は、金利は低いとはいえ、高くなったときに変動するのが
不安だと感じられている方も多いようです。

 

さて、それではどう考えればいいのか?

住宅ローンの目的は何でしょうか?
元本を減らしていくことです。
この目的をしっかりと頭に入れておくと迷わなくなります。

 

例えば、
3000万円を借り入れた場合(35年返済)
金利1%の場合 
毎月の支払額8万4,685円5万9,685円(元本充当額)

                  +2万5,000円(利息)

 

 

金利3%の場合 

毎月の支払額11万5,455円=4万455円(元本充当額)
                  +7万5,000円(利息)

 

上記を見てみると、毎月の支払は②金利3%のほうが多いですが、元金充当額が少ないですよね。

支払額とともに、元金充当額に注目すると、どちらのほうが元本が減っていくか一目瞭然ですね。

 

 

 

では、この違いが実際どれ程のになるのでしょうか?

10年後と35年後を見てみましょう!

 

10年後の支払額

金利1% (10年間の支払額)1016万円  (残金)2247万円

金利3% (10年間の支払額)1385万円  (残金)2434万円

                               

トータル556万円の違いが出てきます。

②金利3%の方が369万円多く支払ったのに、残金は187万円多く残っています。

 

 

 

35年後の支払総額

金利1% 支払総額 3500万円

金利3% 支払総額 4800万円

                    

1300万円の違いが!!

2%の違いが、35年後にはこんなにも大きな差になるんですね。

 

 

途中で金利が変わったとしても元本が減っているほうがいいことがお分かりいただけましたか?

それでも不安が残る場合は、固定期間を5年にするという方法もあります。

住宅ローンの目的としては元本を減らしていくことですので、

「金利の低いもの」を選ぶのが正解ですね!

 

 

 

 [お知らせ]

本シリーズ”マネー脳力アップ”は
日本語ラジオ「LivAiA!」(リヴァイア!)でも聞くことができます。

IMG_1533

喜马拉雅FMというアプリをダウンロードし、
「LivAiA!」を検索して下さい。
「livaia日语电台」の主播の中にある
「快活ライフのマネー教室」という番組名です。

毎週木曜日に更新して新しい情報をお届けしています。

 

<これまで掲載した内容はこちらをクリックしてご覧下さい>

“マネー脳力アップ”シリーズLesson11『金融マメ知識(72の法則&ドルコスト平均法)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson10『金融マメ知識(単利と複利)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson9『日本三大リスク(国の借金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson8『日本三大リスク(人口減少)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson7『日本三大リスク(年金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson6『不動産投資(その3)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson5『不動産投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson4『不動産投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson3『海外投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson2『海外投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson1『生命保険』

ブログ【となりのママは知っているin上海】第48回『使ってみた!タクシーアプリ』

雨が降っていなくてもタクシーがなかなかつかまらないという話をしたら、

タクシーアプリ使っていないの?と驚かれました。

中国語が上手く話せなくても、多分大丈夫と言われとりあえずチャレンジ!

タクシーアプリはいくつかあるようですが、「滴滴打车」というアプリにしました。

 

2段目右端のです

IMG_1601

 

アプリを入れたら、自分の電話番号とパスワードを設定する

IMG_1602

 

 

行き先を入力

IMG_1599

 

大体の金額が出ます

下の「呼叫出租车」を押す

IMG_1600

 

来てくれるタクシーが決まり、運転手から電話がかかってきたら現在地「○○路×○○路」を伝える。

 

ナンバー等が表示されるので、来るのを待つ

 

乗ったら「上车」を押し、支払い方法を選ぶ

 

天気が悪い日は30分以上タクシーを待つことがありましたが、このアプリを使うと付近にいるタクシーが反応するようなので待ち時間は5分くらいでした。

難しい地名の場所にいると、現在地を伝えるのに苦労することも  :cry:

でも現在地さえ伝われば、ちゃんと来てくれます。

行き先はすでに入力済みなので、楽な気がします。

支払は、メーターなのでなにも変わりありません。

 

これからはスイスイいけそうです!

「积少成多」(塵も積もれば山となる)、上海ならではの小さな初体験を繰り返していこうと思います。

 

快活ライフのマネー教室”マネー脳力アップ”シリーズLesson11『金融マメ知識(72の法則&ドルコスト平均法)』

このシリーズでは、毎回金融に関する様々な情報・知識をお伝えして、

皆さんのマネー脳力アップのお手伝いをしていきます。

ここでの脳トレが、皆さんの生活力アップにきっとつながりますよ!

 

 

①「72の法則」とは?

お金を2倍にするために、どのくらいの時間が掛かるか?

を簡単に導き出せる計算方法

 

その計算式がこちら

72÷年利=そのお金が2倍になるのに掛かる時間(年)

 

(例)年利10%の場合 72÷10=7.2年

つまり、年利10%の運用商品の場合、

2倍にするために約7年掛かる、ということです。

 

年利5%なら、72÷5=14.4年、ということになります。

 

ちなみに、現在の金利は0.001%、ということは72÷0.001=72000年(汗)

 

このように、比較的簡単に計算できるので、

ちょっと知っておくと便利ですね。

 

 

 

②ドルコスト平均法・・・「時間の分散」

この方法により投資を行うと、利益を平準化させることができ、

リスク回避につながります。

 

(例)A子さんとB子さんが、それぞれ3ヶ月間リンゴを買う、として、

A子さん・・・毎月10個買う

B子さん・・・毎月1000円分買う

個数を決めて買うA子さんと、金額を決めて買うB子さん、

どちらの買い方がより賢い?

 

A子さん

1ヶ月目:リンゴ1個100円だったので、@100円×10個=1000円

2ヶ月目:リンゴ1個50円だったので、@50円×10個=500円

3ヶ月目:リンゴ1個200円だったので、@200円×10個=2000円

合計:リンゴ30個を3500円で購入→1個当たり116.6円

 

B子さん

1ヶ月目:リンゴ1個100円だったので、1000円÷@100円=10個

2ヶ月目:リンゴ1個50円だったので、1000円÷@50円=20個

3ヶ月目:リンゴ1個200円だったので、1000円÷@200円=5個

合計:リンゴ35個を3000円で購入→1個当たり85.7円

 

金額を決めて買うB子さんの方が、より賢い買い方、と言えます。

 

 

このリンゴを株式に置き換えたら?

株式を購入するその時点では、今が高値か安値かは分からない。

(ちなみに、日経平均株価の過去最高値は1989年に記録していますが、

その当時は、誰もが今後も株価は上昇すると信じて、買い続けていました。)

 

A子さんのように、購入数を決めて購入すると、

高値の時にも同じ数を購入することになり、

もしその値が下がった場合に、損が出ることになってしまいます。

勿論、その後値が上がるかもしれませんが、

上がるか下がるかは、その購入時点では分からないのです。

 

これに対し、B子さんのように、

毎月決まった額を購入する「ドルコスト平均法」を使うことで、

高値の時に購入する数を抑えることができます。

その結果、価格変動のリスクを減らすことができるのです。

 

 

また、このドルコスト平均法は、株式だけでなく、

外貨の積み立ての場合にも利用すると、

為替リスクの回避につながります。

 

 

今回ご紹介した「72の法則」「ドルコスト平均法」

今後の資産運用にぜひお役立て下さい。

 

 

【お知らせ】 

本シリーズ”マネー脳力アップ”は

日本語ラジオ「LivAiA!」(リヴァイア!)でも聞くことができます。

 

IMG_1533

喜马拉雅FMというアプリをダウンロードし、

「LivAiA!」を検索して下さい。

「livaia日语电台」の主播の中にある

「快活ライフのマネー教室」という番組名です。

 

毎週木曜日に更新して新しい情報をお届けしています。

 

 

<これまで掲載した内容はこちらをクリックしてご覧下さい>

“マネー脳力アップ”シリーズLesson10『金融マメ知識(単利と複利)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson9『日本三大リスク(国の借金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson8『日本三大リスク(人口減少)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson7『日本三大リスク(年金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson6『不動産投資(その3)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson5『不動産投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson4『不動産投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson3『海外投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson2『海外投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson1『生命保険』

快活ライフのマネー教室”マネー脳力アップ”シリーズLesson10『金融マメ知識(単利と複利)』

このシリーズでは、毎回金融に関する様々な情報・知識をお伝えして、

皆さんのマネー脳力アップのお手伝いをしていきます。

ここでの脳トレが、皆さんの生活力アップにきっとつながりますよ!

 

最近、日本で話題になっている「マイナス金利」ですが、
果たして実際の生活にはどの程度、影響があるのでしょうか?

 

そこで理解を深めるために全2回に渡って、金融豆知識をご紹介します。

今回は、「単利と複利」についてのお話しです。

 

アインシュタインが人類最大の発見と言ったのが「複利」なんです!

 

 

«単利»とは?どういうことでしょうか??
預けた元本に対して付く金利
例えば100万円預ける
10%の利息の場合;毎年10万円ずつ利息が付く

 

 

それでは、«複利»とはどういうことでしょうか??
利息分も元本に含めて、全体に対して付く金利

例えば100万円預ける

10%の利息の場合;1年目は100万円の10%の利息、

          翌年は110万円の10%の利息・・

 

単利と複利の違いお分かりいただけましたか?

 

 

 

では複利の効果を紹介します。

30歳の方が、35年間で4000万円貯めるためには?

 

年利6%の商品の場合;月額28,500円×35年間=4000万円
支払い総額;1197万円

 

年利8%の商品の場合;月額18,000円×35年間=4000万円
支払い総額;756万円

 

複利効果は、最初はゆるやかですが、長期で考えていくと
急拡大していくのが特徴です。
長期で考えると、例えば将来の準備資金などは複利の効果を活用したほうがいいですね!

 

今度は、違うパターンを見てみましょう!

年利8%の商品の場合;短期集中で月額52,000円×5年間
残り30年間を年利8%で運用=4000万円

支払い総額 312万円

複利の威力と金利の威力を掛け合わせるとすごい力になりますね!

 

 

マイナス金利の発表後

3メガバンク0.02%⇒0.001%

1000万円預けると以前(0.02%)は2000円の金利でしたが、

0.001%の今は、100円に!!

利回りのいい商品は減ってきているので、決断はお早めに!

幅広い視野で海外にも目を向けることをお勧めします。

 

 

 

 

【お知らせ】 

本シリーズ”マネー脳力アップ”は
日本語ラジオ「LivAiA!」(リヴァイア!)でも聞くことができます。

IMG_1533

喜马拉雅FMというアプリをダウンロードし、
「LivAiA!」を検索して下さい。
「livaia日语电台」の主播の中にある
「快活ライフのマネー教室」という番組名です。

毎週木曜日に更新して新しい情報をお届けしています。

 

 

<これまで掲載した内容はこちらをクリックしてご覧下さい>

“マネー脳力アップ”シリーズLesson9『日本三大リスク(国の借金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson8『日本三大リスク(人口減少)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson7『日本三大リスク(年金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson6『不動産投資(その3)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson5『不動産投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson4『不動産投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson3『海外投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson2『海外投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson1『生命保険』

 

ブログ【となりのママは知っているin上海】第47回『理財を始めて1年』

上海で理財(資産運用)を始めてから、ちょうど1年が経ちました。

本ブログ第12回『「理財」やってみました』で、

初めての理財体験について書きましたが、

今思うと、めちゃくちゃドキドキしながらやっていました。

 

 

超保守的な性格の私は、

「保本保息(元利保証)」の商品ばかり買っていましたが、

慣れというのは恐ろしい・・・、次第に欲が出てくるんです。

非保本、つまり元金保証でなくてもイケる?と思うように。

ちょうど今年の春節前、いわゆる歳末キャンペーンで、

「非保本」の商品が普段よりちょっと高い利率に設定されていて、

それに魅かれて、とうとう「非保本」を購入しました!

利率は4.9%、期間は3ヶ月。

 

 

ちなみに、この商品を購入するのは結構苦労しました。

店頭で歳末キャンペーンを見かけて、

窓口に相談に行くと「もう売り切れました」

「えっ、もう売り切れ?!今日の9時~販売開始なのに?」と私が言うと、

「皆さん、ネットで購入するので、9時と同時に即完なんですよ。

来週も同じ商品を販売する予定なので、今度はネットで購入してみて下さい」

理財をネットバンキングで購入した経験がなかったので、

これまたドキドキでしたが、

1週間後の9時ちょうどにスマホを操作して、

何とかこの商品を購入できました。

 

 

ということで、今年に入ってからは、

①非保本タイプ②収益保証タイプ③定期預金の3パターンで運用。

4月下旬、①と②の満期が到来、

どちらも無事に元金と利息を受け取りました。

 

 

では、次はどうするか?

最近の理財は、利率がどんどん下がってきていて、

昨年5月に購入した「収益保証型」は当時4.9%だったのに、

現在では同じ商品が3.05%。

非保本型でも4%台前半なので、リスクの割には利回りはイマイチ・・・

店頭に置いてあった理財一覧表のチラシの中に、

定期預金の利率も記載されていて、

期間の長いものであれば、なかなか良い利率になっています。

blog47

 ↑浦発銀行の理財窓口には、このようなチラシが置いてあります。

 

理財の窓口に再度相談に行き、

思い切って3年の定期預金を設定することに。

利率は3.3%。

定期預金なので、元利保証ですし、

理財と違って、定期預金は中途解約が可能です。

(ただし、中途解約すると、利息は普通預金の利率分しかもらえません)

 

理財窓口の担当者は、かなりしつこく「収益保証型」を勧めてきました。

(定期預金は「理財」ではないので、担当者からすると面白くないのかも?)

でも、私の決心は揺らぐことなく、

一般の窓口に移動して、新たに定期預金を設定しました。

 

理財窓口の担当者曰く「金利は今後も下がる見込み」、

中国での資産運用の旨みが減りつつあります。

今度こそ本気で日本円・人民元以外の外貨での運用を考えないと・・・ですね。

快活ライフのマネー教室”マネー脳力アップ”シリーズLesson9『日本三大リスク(国の借金)』

このシリーズでは、毎回金融に関する様々な情報・知識をお伝えして、

皆さんのマネー脳力アップのお手伝いをしていきます。

ここでの脳トレが、皆さんの生活力アップにきっとつながりますよ!

 

 

日本の三大リスクとは・・・?

①  年金(内容はこちらをクリック)

②  人口減少(内容はこちらをクリック)

③  国の借金

 

今回のテーマ・・・「③国の借金」

 

 

果たして、日本の借金はどのくらいある?

⇒2015年末の時点で1167兆円!

5年前と比較すると、300兆円も増加(汗)

 

※参考:日本の借金時計

http://www.takarabe-hrj.co.jp/clockabout.html

 

 

日本の国家予算は、毎年約90兆円~100兆円、

そのうち税収が約40兆円~50兆円、

不足分は国債を発行して賄っており、

その国債の発行が積み重なって、上記の借金額になっています。

 

 

対GDPの割合で、国の借金額を考えてみると・・・

ギリシャ:177%

日本:246%

 

ギリシャは破綻寸前、日本は破綻しないの?

⇒ギリシャは国債の保有者の多くが国外であるのに対し、

日本は、国債の保有者の約90%が日本人であり、

日本人の個人資産が1500兆円、また政府の資産も約500兆円あることから、

資産と負債のバランスがとれていると考えられています。

 

 

 

今後の大きな問題は「社会保障費」

 

「2025年問題」:団塊の世代が75歳を迎える2025年以降に直面する問題

団塊の世代が一斉に75歳を迎えると、

その後医療費や介護費用がそれまでより大幅に増加すると見込まれています。

 

①医療費

2014年度・・・約40兆円

2025年の予想・・・54兆円 ←大幅に増加する予測

②介護給付

2012年・・・約8.1兆円

2025年の予想・・・19.8兆円 ←なんと2倍以上に増える予測!

 

このように、現在より大幅に増加する見込みなのです。

国家の財政収支が悪化する?

これまでは、資産と負債のバランスがとれていましたが、

次第にバランスが崩れていく可能性が・・・。

 

 

それでは、増税して国家の収入を増やすのはどうか?

⇒例えば、消費税率1%アップにより、増える税収はわずか2兆円

社会保障費を消費税で賄うには、28%程度まで上げないと・・・という説も。

 

 

 

日本の三大リスク①年金 ②人口減少 ③国の借金

実は、これらはすべてが繋がっている話です。

リスク対策として、

まずは「国に頼らず自分で準備をする」ことが大切!!!

 

中国人は自分の資産を増やすための投資等にとても積極的ですよね?

日本人も見習って、意識を変えていく必要があるのでは?

 

 

 

【お知らせ】 

本シリーズ”マネー脳力アップ”は

日本語ラジオ「LivAiA!」(リヴァイア!)でも聞くことができます。

 

IMG_1533

喜马拉雅FMというアプリをダウンロードし、

「LivAiA!」を検索して下さい。

「livaia日语电台」の主播の中にある

「快活ライフのマネー教室」という番組名です。

 

毎週木曜日に更新して新しい情報をお届けしています。

 

 

<これまで掲載した内容はこちらをクリックしてご覧下さい>

“マネー脳力アップ”シリーズLesson6『不動産投資(その3)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson5『不動産投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson4『不動産投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson3『海外投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson2『海外投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson1『生命保険』

 

快活ライフのマネー教室”マネー脳力アップ”シリーズLesson8『日本三大リスク(人口減少)』

このシリーズでは、毎回金融に関する様々な情報・知識をお伝えして、

皆さんのマネー脳力アップのお手伝いをしていきます。

ここでの脳トレが、皆さんの生活力アップにきっとつながりますよ!

 

前回から「日本の三大リスク」について、3回に分けてお話します。

 

日本の三大リスクとは・・・?

①  年金 (前回の内容はこちらをクリック)

②  人口減少

③  国の借金

 

今回のテーマは、「人口減少」です。

 

ではさっそく

世界の人口
72億人20年後は87億人と予測
中国が1つできるぐらいの増加人数ですね。
2030年までは人口が増加すると言われています。

 

日本の人口は?
1億2710万人⇒20年後は1億1380万人と予測
東京都がなくなるぐらいの減少です。

 

ちなみに
18歳の人口は、
1992年205万人 :-P :-P :-P :-P :-P
現在123万人    :-| :-| :-|
20年後104万人   :cry: :cry: :cry:

と予測されています。

 

出生率は?
現状は1.4人前後です。
人口減少しないためには、2.08人と言われています。
安倍首相は、1.8人を目指そうと言っていますが、人口減少は否めません。

過去の数字を見てみると・・
2005年度が1.26人
2012年度が1.41人
2013年度が1.43人に改善しているように見えますが、
実は、実際の子供の人数は減っているんです。

 

晩婚化が進み、そもそも結婚しない人も増えています。
ヨーロッパなどでは、結婚はしていないけれども子供はいる人もいますが、
日本では結婚が前提で子供が生まれてきますので、抜本的な改革をしていかないとなかなか人口減少は止まらないですね。
結婚したくない人が増えているわけではなく、結婚はしたいけれども、収入や支出を気にして、結婚しない人が増えているようです。
子供の教育費に関しては、ンフしています。
義務教育化や無償化をやらないといけないかもしれないですよね~。

 

 

高齢化社会についても見てみましょう!

WHOの定義によると、
65歳以上の人口が7%超「高齢化社会」
65歳以上の人口が14%超「高齢社会」
65歳以上の人口が21%超「超高齢社会」

 

日本は?
日本は、「25%」で既に超高齢社会に突入しています。

つまり4人に1人は65歳以上ということです。

45年後は40パーセントになるといわれています。

2.5人に1人は65歳、そして4人に1人は70歳になるようです。

 

人口の減少に加えて高齢化社会が進んでいく日本の現状。

 

やはり

「国に頼らず、自分で準備をしておく」ことが必要になってきますね。

 

 

でも こ れ だ け ではないんです!

次回は「日本の三大リスク(国の借金)」についてお伝えします。

 

 

 

【お知らせ】

本シリーズ”マネー脳力アップ”は

日本語ラジオ「LivAiA!」(リヴァイア!)でも聞くことができます。

 

IMG_1533

喜马拉雅FMというアプリをダウンロードし、

「LivAiA!」を検索して下さい。

「livaia日语电台」の主播の中にある

「快活ライフのマネー教室」という番組名です。

 

毎週木曜日に更新して新しい情報をお届けしています。

 

 

<これまで掲載した内容はこちらをクリックしてご覧下さい>

“マネー脳力アップ”シリーズLesson7『日本三大リスク(年金)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson6『不動産投資(その3)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson5『不動産投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson4『不動産投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson3『海外投資(その2)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson2『海外投資(その1)』

“マネー脳力アップ”シリーズLesson1『生命保険』

ブログ【となりのママは知っているin上海】第46回『親子でお菓子作り・・タルト・・』

上海へ来て果物を沢山食べるようになった気がします。

しかも、ほぼハズレが無く、どれもおいしい果物たち・・

どうしてこんなに甘いのかは謎ですが。

 

そして我が家ではイチゴの時期に必ず作るタルトがあります。

しかも簡単!

今年は娘も一緒に“マイタルト”作成しました!

我が家はカスタード生クリームイチゴが定番なので、カスタードのレシピも一緒に!

 

 

タルトの材料(20cmくらい);

バター 50g

砂糖  大さじ4

卵黄  1個

薄力粉 100g

 

作りかた;

① 室温に戻して柔らかくなったバターと砂糖をすり混ぜる

② 卵黄を加えてよく混ぜる

③ 薄力粉を入れてヘラでよく混ぜ、まとめる

④ ラップで包んで冷蔵庫で1時間寝かせる

⑤ オーブン余熱開始する

  オーブンペーパーで挟んで生地をのばして型にぴったり付け、

  フォークで穴を開ける

⑥ 180℃で15分焼く

IMG_1188

この日は娘と1つずつ作ってみました。

もちろん食べきれないので、1つは娘のお友達に♥プレゼント♥

 

 

母が良く作ってくれた我が家のカスタードクリームです。

 

材料;

卵黄  5個

砂糖  150g

薄力粉 40g

牛乳  500cc

バニラエッセンス 少々

 

作りかた;

① 鍋に卵黄と砂糖(全量の半分)を入れて混ぜる

② ①に薄力粉を入れて混ぜる

③ ②に残りの砂糖(全量の残りの半分)を入れて混ぜる

④ ③に牛乳とバニラエッセンスを少しずつ入れながら混ぜる

⑤ ④を弱火にかけ、底が焦げ付かないように木ベラなどで混ぜ続ける

  どろりと固まったらできあがり

 

ストレスって中国語では「压力」yālìというそうです。

異国で生活していると、やっぱりストレスが溜まります。

みなさん解消法を色々お持ちだと思いますが、

お菓子作りは2時間くらいでおいしい結果が出るので、これもお勧めです!

Next Page >