ブログ【となりのママは知っているin上海】第29回『2015年をふりかえって・・・』

2015年もあとわずか、皆さんにとってどんな1年でしたか?

私は上海在住8年目ですが、今年は”平穏無事”に過ごせた、

本当に穏やかな良い1年だったと思います。

 

 

私が上海に初めて来たのは2005年、この年と12年に反日デモが発生。

中国政府は今年9月3日を「対日戦勝記念日」に制定、またデモ?と不安に・・・

(中には「9月3日は外出を控えるように」と指示があった日系企業もあったとか)

でも、杞憂に終わりましたよね。

また、日中首脳会談でも、前回(14年11月)は険しい表情だった習近平首席が、

今年(15年4月)はにこやかな笑顔だった、というニュースを聞くと、

政治レベルでも着実に日中関係が改善に向かっているのでしょうね。

もちろん、私達は母国(日本)ではなく、海外に住んでいるのですから、

ある程度の緊張感を持って生活する必要があると思いますが、

心の中の「こわばり」のようなものが少しずつほぐれているように感じます。

 

 

民間レベルでは、皆さんご存知の通り、”爆買い”が大流行!

何と今年の流行語大賞に!

(写真はラオックス㈱代表取締役社長・羅怡文さんの受賞の様子)

blog30

 

 

 ”爆買い”がこんなにも流行する、ということは、

「日本大好き!」っていう中国人、大勢いるんですよね。

私も中国大好きですし、中国人の良い面もたくさん知ってます!

ただ、実際には日本在住の日本人には、その良さが伝わっていないようです。

先日「上海に来てまだ3カ月」という日本人駐在員の方とお話しする機会があり、

「上海生活は、(日本で)想像していたより悪くない」とのこと。

きっと日本のニュースでは中国の悪い面ばかり報道されているんでしょうね・・・

 

中国人の良い面で、私が一番に挙げたいのは「子供や老人に親切」ということ。

私は子供(5歳)を連れてバスや地下鉄によく乗りますが、

子供にはほぼ100%席を譲ってくれます。

(ちなみに、一時帰国中の日本では、一度もありません)

先程の駐在員の方も「私も車内で席を譲ってもらったことがあるんですよ」

と、白髪交じりの頭を撫でながら話していました。

また、車内で子供が多少騒いでも注意されたりすることもなく、

皆さん大らかに見守ってくれます。

そういう部分での子育てのストレスは、上海ではほとんど感じないので、

私は「助かるわぁ~!中国の皆さん、ありがとう!」と感謝しているんです。

 

 

プライベートでは、今年最大のニュースは「理財を始めたこと」!

今年5月~11月末までの理財で得た金額を合計すると約2400元でした。

この歳になって初めてのことにチャレンジするのもなかなか楽しいです!

今までは全く分からなかったけど、ニュースを見たり、ネットで調べたり、

多少なりとも勉強するようになりました。

 

 

今年の5月~スタートしたブログ【となりのママは知っているin上海】、

ご愛読頂きましてありがとうございました。

来年も、中国とりわけ上海の良い所&面白い話題を

お伝えしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

皆さん、良いお年をお迎えください!

ブログ【となりのママは知っているin上海】第28回『整理整頓・収納術セミナーに参加しました!』

12月8日(火)に快活ライフで開催されたセミナー

『整理整頓・収納術』『豊かなお金の話』に参加してきました。

 

『整理整頓・収納術』は初開催のセミナー。

オーダースーツ店「ファームライン」の池田恵美さんが、

講師として、整理整頓の極意を伝授して下さいました。

blog28-1

 

整理整頓って苦手な方、多いのでは?(私も苦手です)

どうしても後回しにしてしまいがちですが、

先生曰く「整理=楽しいこと」!

整理することにより、次の3つの効果があるそうです。

①時間的な効果(探し物がすぐに見つかる)

②精神的な効果(キレイな部屋はやる気が出やすい)

③経済的な効果(余計な物を買わなくなる)

 

私が”なるほど!”と思ったのは

③経済的な効果の「余計な物を買わなくなる」という部分。

先生は、この整理整頓の勉強を始めてから意識が変わり、

バーゲンセールには行かなくなったそうです。

セールに行くと、それほど欲しくない物でも、つい買ってしまうってことありますよね?

そうすると、どうしても物が増えて、整理整頓が難しくなる、とのこと。

 

それから、先生が実践されている収納術について、

先生のご自宅の写真を見せて頂きました。

さすが先生! 見事に整理整頓されています。

blog28-2

 

これから年末に向けて、今回教えてもらった手順に沿って、

頑張って整理整頓してみようと思います!

苦手な私でもやる気が出てきました!

 

最後に、快活ライフの深見さんから『豊かなお金の話』がありました。

日本の年金制度の危うさを聞くと、

やはり”自分の身は自分で守る”という意識が高まります。

blog28-3

 

皆さんも「何か始めなきゃ!」「どうすればいいの?」と思ったら、

お気軽に快活ライフにお問い合わせください。

(ホームページからもお問い合わせできます。

下記のロゴをクリックするとお問い合わせ画面に行くことができます)

right01

 

 

ブログ【となりのママは知っているin上海】第27回『バスに乗るなら、このアプリ』

2015年1月の時点で1354路線あるという上海の路線バス。

 

路線名の部分のが違うのは、一般路線(緑)、深夜路線(青)、長距離路線(赤)だからなんだそうです。

加えて、番号での種類分けもされているようです。

 

 1~199番台  5時から24時までまんべんなく走る通常バス
200番台   朝夕のラッシュ時のみ走る
300番台   深夜運行 
400番台   浦東と浦西を結ぶ路線
500番台   市区と周辺地区を結ぶ路線
600番台   ほとんどが浦東地区内を走る路線
700番台   市区と普陀、宝山、閔行、嘉定、松江、青浦、浦東を結ぶ
800番台   市区内を補完する路線
900番台   2階建てや空調バスだけの路線に多い

 

 

移動に便利なのですが、バス停に時刻表がない・・つまりいつバスが来るか分からないので、使いやすいような使いにくいような。

 

最近見つけたアプリがその悩みを解消してくれました。

 

上海公交」というアプリ(画面右側の下から2番目)です。

IMG_0882

 

 

 

 調べたい路線を入力し、下に出た路線を選び

 

IMG_0887

 

 

 

 方向とバス停を選ぶ

 

IMG_0888

 

 

 

すると何分後にバスが来るか表示されます。

 

IMG_0890

 

 

使い方はすっごく簡単!

 このアプリのおかげで、

バスを待つか、タクシーにするか決めやすくなりました。

これまでバスを待っていた時間を返してほしい!

ブログ【となりのママは知っているin上海】第26回『最近の中国(上海)の経済、大丈夫?』

今回は私の身近に起こった出来事から「経済」についてアプローチしてみます。

 

今月、私にとって、重大な出来事が2つ起きました。

まず1つ目は「現在住んでいるサービスマンションが売却された」こと。

ある日突然このような通知が掲示板に貼り出されました。

blog26-1

 

このマンションは90年代に完成、当初からサービスマンションとして営業、

私達家族は約8年、私の友人家族は10年以上住み続けています。

その友人は売却の通知を見て

「上海の好景気も”差不多了”(「この辺りでそろそろおしまい」という意味)、

オーナーはこれ以上儲からないと判断して売ったに違いない」と。

 

もう1つは、私の主人の友人(中国人)が経営する会社の業績が急激に悪化、

主人はその会社に投資していましたが、どうも回収不能になりそうとのこと。

その友人、以前はよく私達家族にご馳走してくれたり、

別荘に招いてくれたり(別荘にはアイさんが3人もいました!)、

ものすごく羽振りが良かったんですが・・・

 

確かに少し前までの中国、とりわけ上海は、

日本の「バブル」に何となく似ていたような気がします。

不動産価格も株価もずっと上昇を続けていたし・・・

でも、今年6月に上海の株価は暴落、

中国政府が発表するGDP(国内総生産)成長率も、

経済成長が鈍ってきていることを示しています。

その辺りを日本企業も感じて、中国の事業を縮小しているようで、

上海日本人学校の児童数は、2013年のピーク時から20%以上減少、

北京日本人学校に至っては、07年~08年のピーク時から約42%も減少。

私の中国茶教室の先生や、行きつけの美容師さんも、

会うたびに「最近日本人減ってますよねぇ・・・」とこぼしてます。

 

その一方で、中国人の購買力は年々アップし続けているのも事実。

日本を訪れる中国人観光客は昨年比2.2倍に増加、

しかも、買い物での支出額を比較すると、

全体の平均が約8万円に対し、中国人観光客は約17万円。

中国人による「爆買い」が数字の上でも証明されています。

さらに、11月11日の「双11」では、

天猫(T mall)の売上がわずか1日で571億元(約1兆円)に達し、

前年比約2倍弱、という驚異的な金額となりました。

blog26-2

 

こうして見ると「中国の経済、まだまだいけそう?」と思うのは、

私だけではないはず。

今後さらに上海がどのように発展していくのか、

楽しみながら”上海ライフ”を満喫したいと思います。