快活ライフのマネー教室 ”マネー美ママ”シリーズ第10回『子どもも、お金も、すくすくと育てる人』(その2)

皆さんこんにちは。

“マネー美ママ”になるための秘訣をお伝えするシリーズ、

今回のテーマは「子どもも、お金も、すくすくと育てる人」の続きです。

 

前回(第9回)では、

お金を上手に育てるためのポイント2つのうち、①育てる場所を選ぶ

についてお話ししました。

”マネー美ママ”シリーズ第9回 『子どもも、お金も、すくすくと育てる人』(その1)

 

今回はもう1つのポイント②時間を大切にする についてです。

 

時間を大切にする

子育てをしているとその成長を楽しむのも忘れるくらい日々忙しいですよね。

時間の流れって本当に早いものです。

ただ、忙しいからっていって放っておけないのが、それこそ子育て。

あの時「ああしとけば良かった」「こう育てておけば良かった」・・・

と後悔したくないですからね。

もちろん、子供の自由を尊重したい!という意見があるのも理解しています。

 

しかし、善悪の判断、身体を丈夫にする、進む選択肢の提供は親の役割でしょうから、

そういう意味では、親も成長する必要がありますね。

 

お金に関しても同じことが言えるのではないでしょうか?

しっかりお金に関わって、得意分野を探し、

進む選択肢を提供してあげるができます。

 

そのチャンスを掴んだ場合と、逃した場合に

訪れるかもしれない近い将来の成長イメージについて見てみましょう。

 

登場人物は、おなじみの

タンスの中でずっと20 年間育てられた箱入りA ちゃん

日の丸幼稚園(年利0.3%)で20 年間、育てられたなでしこB ちゃん”。

HK 幼稚園(年利5%)で20 年間、育てられたバイリンガルC ちゃん”。

 

 

3 人の3 年、5 年、10 年、15 年、20 年後の成長イメージを、

表で見てみたいと思います。

hyou

 

最初は小さかった差も、

時間がたつほどにどんどん大きな差になっていきます。

 

時間=お金を成長させるチャンスですので、

たとえ1 年間という時間でも、

何もせずにそのままにしておくという事は、

言い換えると「成長させるチャンスを無駄にした」という事になります。

 

もちろん、しっかりと関わりあう中で、

すでに良い選択をされているとなりのママも多いと思います。

その場合は、しっかりと成長を見守ってあげて下さい。

 

ただ、日々の忙しさのあまりどうすればいいのか・・・

まだまだ迷っているママが多いのも事実です。

 

そこで、となりのママはちょっと考えました・・・

 

箱入りAちゃんHK 幼稚園に編入させる事ってできるのかなぁ・・・?

 

結果として、編入は可能でしたが、

HK 幼稚園への編入後の“箱入りA ちゃんの成長には眼を見張るものがありました。

hyou2

 

3年間全く成長していなかった箱入りA ちゃん。

HK幼稚園に編入後は、

早くから成長を開始しているバイリンガルC ちゃんには及びませんが、

なでしこB ちゃんの成長をあっという間に追い抜いてしまいました。

 

もちろん、なでしこB ちゃんも、編入可能なので

バイリンガルC ちゃんに近づくことは出来ます。

小さい時の差が将来こんなに大きく変わってくるなんて・・・

となりのママも早めに気がついて、良かったですね。

 

まとめ

このようにお金も、ほったらかしにせず、

場所を上手に選び時間を有効に使う事で、すくすくと成長してくれます。

 

子どもを育てるように、お金も育てる意識をもつ・・・。

 

私が考えるマネー美ママさんは、『子どもも、お金も、すくすくと育てる人』です。

 

”マネー美ママ”シリーズ第9回 『子どもも、お金も、すくすくと育てる人』(その1)

”マネー美ママ”シリーズ第8回 『保険の衣替えの上手な人』(その2)

”マネー美ママ”シリーズ第7回 『保険の衣替えの上手な人』(その1)

”マネー美ママ”シリーズ第6回 『人生で最大のお買い得?!』(その2)

”マネー美ママ”シリーズ第5回 『人生で最大のお買い得?!』(その1)

”マネー美ママ”シリーズ第4回 『学資保険選び』(その3)

”マネー美ママ”シリーズ第3回 『学資保険選び』(その2)

”マネー美ママ”シリーズ第2回 『学資保険選び』(その1)

”マネー美ママ”シリーズ第1回 『人生を2倍楽しむ”マネー美ママ”って?!』

 

ブログ【となりのママは知っているin上海】第25回『「怒らない子育て心理学」セミナーに参加しました』

子育て中の家族を対象にして開催されたセミナーに参加しました。

 IMG_0904

二部構成になっていて、

第一部三浦先生による子育て心理学講座でした。

 

よく褒めようとか、怒るのではなく叱るようにといった言葉を耳にしますが、親の感覚や経験でそうしても子供には伝わっていないようです。

 

ではどうしたらいいのか?

子どもの感情のパターンを理解したうえでコミュニケーションをとると上手くいくようです。

おもしろいのは、その人の生年月日を計算して出た3つの数字を基に、大きく4つのタイプ本能・情熱・知性・理性に分け、タイプ別にどんな褒め方叱り方がいいのか具体的にアドバイスされたことです。

IMG_0905

 

参加されたみなさん「そうそう、あるある」とか「そうだったんだ~」と大きくうなずいておられました。

もちろん私もです。

 

最後にやる気を起こさせる一言が・・

「人は経験していないことは大人になってもできません。

いま親が上手に褒めて叱るよう意識すると、子どもはどんな大人になるでしょう?褒め上手で叱り上手、うまくコミュニケーションの取れる人になれます。」

わっ!やろう!と奮起させられた一言でした。

 

 

 

第二部家族のお金、とくに教育費についてでした。

幼稚園から大学まで公立か私立かに関わらずけっこうな額の学費がかかるんですね。

 

例えば、全て公立でも

幼稚園3年間 69万円

小学校6年間 196万円

中学高3年間 154万円

高校3年間   173万円

大学4年間   534万円

加えて塾や習い事、他の費用もありますよね。

 

現時点でいうと、日本のA社の学資保険の返戻率は105%海外に目を向けると返戻率が140%のものもあるとか。

返戻率だけで決めることは出来ないのでまずは情報収集からですが・・

たくさんの情報がある中から選ぶのと、限られた中からなのとではこんなに差があるのかとかなりショックで・・

 

また、兄弟がいると重なる時期も出てきますよね。

ピークはいつなのかシュミレーションもできるそうです。

セミナー終了後にみなさんも、気になる!もっと聞きたい!と言っておられました。

これまでどこの保険も変わらないだろうという感じで学資保険への意識が低かった我が家ですが、国内外を含めいろいろな保険があることを知り勉強になりました。

 

 

詳しい情報をお知りになりたい方は快活ライフへどうぞ!

right01

こちらからもメールで気軽に相談・お問い合わせができます。

ぜひご利用ください!

ブログ【となりのママは知っているin上海】第24回『学資保険の見直しに挑戦!』

快活ライフ・ホームページの「ほっとんくんのマネー教室」というコーナー、

皆さんはご覧になったことありますか?

最近「保険の衣替え」という話題を取り上げていました(第7・8回)。

 

170x90_money-

 

※快活ライフのホームページ右側にある、

このロゴをクリックすると、見ることができます。

 

 

保険の衣替えって??? 簡単にいうと「保険の見直し」。

もしかすると見直したらお得なことがあるかも?と思い、

我が家の学資保険を見直してみることに。

 

その「マネー教室」の中で、見直しのポイントはたった3つだそうです。

①支払い保険料総額はいくらか?

②将来受取る金額(教育給付金)はいくらか?

③仮に、今解約したらいくら戻ってくるか?

 

さっそく、保険会社に電話してみると・・・

①支払保険料総額・・・契約時に「18年の年払い」を選択したので、

1年当り約15万円×18年=約270万円

②将来受取る金額・・・300万円

(ということで、返戻率は300万円÷270万円=約111%)

ただし、一括で300万円受け取るのではなく、

高校入学時50万円、大学入学時100万円、大学2年~4年までそれぞれ50万円

と分割して受け取ります。

(この「分割での受取」はすっかり忘れていて、

今回問い合わせてみて思い出しました)

③仮に、今解約したら、約71万円戻って来る、とのこと。

 

もしかしたら今の学資保険を続けるより、

新しい学資保険に乗り換えたほうがいいかも?と思い、

保険会社に尋ねてみましたが、

(その会社で扱っている)現在の学資保険は、

我が家が契約した当時(2010年)と比べると、返戻率は下がっているとのこと。

しかも、現在の主人の年齢では、

「保険料払込免除特則(主人が死亡した場合に以後の保険料払込が免除)」

を付けることができない、と言われました。かなりショック・・・

 

ということで、見直しはしてみたものの、

結局は今までの学資保険を継続することにしました。

理由は主に2つ。

①現在の学資保険の返戻率が下がっている

このマネー教室第2回「学資保険選び」の中では、

学資保険を選ぶポイントとして「返戻率の高いものを選ぶ」とあり、

返戻率が下がっている現在の学資保険に乗り換えるのはあり得ません!

また、ポイントの2つ目として

「出来れば子どもが小学校に上がる前までに保険料を払い終える」

と書かれていたので、

保険会社に払込み期間の短縮希望の旨を伝えたのですが、

「契約後に払込み期間の短縮はできません」との回答が。

(契約時に払込み期間の選択(例えば一括払いとか、10歳までに払込み完了とか)

はできるそうです)

 

②保険料払込免除特則を付ける事ができない

私が学資保険に加入した最大の目的は、

「主人が突然亡くなっても学費を確保できる」ことだったので、

新たに加入する場合に保険料払込免除特則を付けられない、

というのはナシだな・・・と。

 

「家計の節約は、まず保険の見直しから」と、最近よく耳にしますよね。

見直しをすることで、今まで忘れていたことを思い出したり、

自分が加入している保険に対する理解もきっと深まりますよ!

 

 

快活ライフでは、保険についてのご相談を随時受け付けております。

right01

 

ホームページのトップページ右側にあるこのマークをクリックすると、

メールで気軽にご相談・お問い合わせができますので、

ぜひご利用ください!

 

 

ブログ【となりのママは知っているin上海】第23回『ぶらぶら街歩きin上海(金汇路)』

フランス租界・日本人街・韓国人街・・色々な国の雰囲気が持ち込まれている場所が上海にはありますね。

そこに集まっているお店や建物が醸し出している雰囲気なのでしょうか。

今回は韓国人街とも言われる10号線龙柏新村駅付近へ・・

 

 

駅の裏手にある虹橋大通陽商厦からスタートです。

地下が子供服市場になっていて、他にも文具・服・バッグなどがぎっしり詰め込まれた感じのこじんまりとしたビルです。

IMG_0848

 

 

そのまま金汇路を南下。

路が広々としていて気持ちいい!

 IMG_0850

 

 

そんなに歩いていないのに、あちこちに喫茶店があります。

IMG_0863IMG_0870

 

IMG_0867IMG_0852

 

 

金汇路から虹泉路へちょっと寄り道・・

交差点から見える距離のところに、韓国の乾物屋があります。

IMG_0860

 

IMG_0861

 

スルメや魚の干物、ナッツやドライフルーツ、穀類がぎっしり壁に。

ここにあったスルメは、日本で買っていたものと変わりませんでした。

 

ごま油は、白ごま・黒ゴマ・エゴマの3種類。

白ごま油を使ってみましたが、香りが良いのに加えて香ばしい味もするのにびっくり!

あえ物やチャプチェを頻繁に作りたくなりました。

 

韓国の麺や粉物やお菓子もありますよ。

 

 

 

すぐ近く(虹泉路沿い)にあった1004へ。

さすが韓国系スーパー、キムチの品ぞろえが違います。

IMG_0874

 

 

韓国のお惣菜を売る店があったり、行き交う人がハングル語を話していたり。

 

キムチを買って、韓国風唐揚げを買って・・

ここはおいしい街でした。

 

ブログ【となりのママは知っているin上海】第22回『マネーセミナー参加しました!』

「お金の話って、難しいし、ニガテ・・・」という方、多いのでは?

そんな難しそうなお金の話を分かりやすく説明してくれる、

それに「海外にいるからこそ聞ける、お得な話が満載」という、

チラシの言葉に魅かれて(「お得」という言葉に弱い私・・・)

快活ライフ主催のマネーセミナーに参加してきました。

 

blog22-4

 

 

私が参加したのは「年金」がテーマの回(「学資」の回もあり)、

上海に長年住んでいる私でも、

日本の年金が将来ヤバイかも?!というのは何となく分かります。

講師のお話では「将来年金が受け取れる年齢が引き上げられたり、

(今は65歳~受け取れますが、70歳~になる可能性あり)

受け取れる金額が減ったり、という可能性は十分あります」とのこと。

 

えぇぇっ~!それじゃあ、どうすればいいの?

文字通り「お得」な運用商品を色々と教えてもらいました。

円建ての商品は勿論のこと、香港ドル建てやポンド建てなどもあり、

本当に選択肢が沢山あるんだなぁ・・・と実感。

 

 blog22-1

 

私がお話しの中で一番衝撃的だったのは、

「日本人の平均年収は約400万円に対し、香港人は約200万円。

一方で、60歳以上の1億円資産保有割合は、

日本が10人に1人に対して、香港は6人に1人」ということ。

香港人、恐るべし!です。

 

セミナー終了後は、参加者のほとんどの方が個別相談を希望されていました。

私も今度は主人と一緒に個別相談を受けてみたいと思っています。

(一人で決めるのは、やっぱり難しいので)

皆さんも、ぜひ一度参加してみて下さい!

きっと「へぇ~そうなんだ!」と思えるような、

皆さんのためになるお話が聞けること間違いなし!です。

(強引なセースル等は一切ありませんので、ご心配なく!)

※ただし、次回のセミナー開催日は現在のところ未定ですので、

決まり次第、快活ライフHPでお知らせします。

快活ライフのマネー教室 ”マネー美ママ”シリーズ第9回『子どもも、お金も、すくすくと育てる人』(その1)

皆さんこんにちは。

“マネー美ママ”になるための秘訣をお伝えするシリーズ、

9回目の今回のテーマは「子どもも、お金も、すくすくと育てる人です

 

 

毎日少しずつ・・・でもあっという間に成長していく子ども達。

あたりまえの話ですが、子どもは一人では育つ事ができません。

ご両親、特にお母さんが身近で一生懸命愛情を注ぎ、

お世話をしてあげるからこそ、すくすくと成長していく事ができるのです。

 

 

実は「お金」という存在も、

子どもと同じように愛情を注ぎ、お世話をしてあげる事で、

「すくすくと成長する」ものだという事はご存知でしょうか?

「お金が成長する=お金が増える」という意味ですが、

お金を上手に育てるためには、

①育てる場所を選ぶ

②時間を大切にする というつのポイントがあります。

 

 

 ちょっと強引ですが「お金」を「子ども」に置き換えてお話したいと思います。

“10,000円札を3枚”準備して、それぞれを

箱入りAちゃん”

なでしこBちゃん”

バイリンガルCちゃん”

と呼ぶことにします。

 

それでは、それぞれが「育つ環境」の違いでどのような成長を遂げるか?

を2つのポイントに照らして見てみましょう。

 

育てる場所を選ぶ

 

まずは、それぞれの自己紹介です。

 

タンスの中で育てられた箱入りAちゃん”

日の丸幼稚園(年利0.3%)で育てられたなでしこBちゃん”

HK 幼稚園(年利5%)で育てられたバイリンガルCちゃん”

 

仲良し3人組でしたが、それぞれ別々の道へ、

3年後の3人はどのように成長しているかというと・・・

 

“箱入りAちゃん”・・・・・・・・3年前と変わらず(10,000円) ±0円

 

“なでしこBちゃん”・・・・・・少し成長(10,090円)      +90円

 

“バイリンガルCちゃん”・・ひとまわり成長(11,576円)+1,576円

 

 

お金を育てるのが上手な場所に預けるという事は、お金の成長に直結します。

預ける場所が違うだけで、まったく成長しないものから、

嬉しいくらい成長するものまで、3年でも差がついてきます。

 

 

もちろん、育てる場所を選ぶのは大変ですし、不安があるかもしれませんが、

ここではタンスの中で箱入りに育てていても、お金は成長しない

というイメージだけは、しっかりもっておいて欲しいと思います。

 

※手元に置いて愛情を注ぎ大事に育てあげる時間が必要なことも、

確かにあります。

 

次回は、もう一つのポイント②時間を大切にする、についてお話します。

 

 

”マネー美ママ”シリーズ第8回 『保険の衣替えの上手な人』(その2)

”マネー美ママ”シリーズ第7回 『保険の衣替えの上手な人』(その1)

”マネー美ママ”シリーズ第6回 『人生で最大のお買い得?!』(その2)

”マネー美ママ”シリーズ第5回 『人生で最大のお買い得?!』(その1)

”マネー美ママ”シリーズ第4回 『学資保険選び』(その3)

”マネー美ママ”シリーズ第3回 『学資保険選び』(その2)

”マネー美ママ”シリーズ第2回 『学資保険選び』(その1)

”マネー美ママ”シリーズ第1回 『人生を2倍楽しむ”マネー美ママ”って?!』