ブログ【となりのママは知っているin上海】第21回『ぶらぶら街歩きin上海(烏魯木斉中路)』

風が気持ちいい、空気もきれいだ!

 

そうだ、散歩へ行こう!

 

ある日のお昼前に烏魯木斉中路付近を散策。

IMG_0799

 

IMG_0806

 

スタート地点は烏魯木斉中路×安福路です。

 

さっそく味のあるお店発見!

アンティークショップ「老麦雑貨鋪」です。

IMG_0786

ちょっとお洒落な老板がいる雰囲気のあるお店でした。

 

 

ローカルの飲食店などを見ながら歩いていると、欧米人が何人もいる八百屋が!

通称「アボカドレディ」、でもローカルの八百屋。

入ってみてびっくりです。

ワイン・量り売りのチーズ・バジルや洋風の野菜(この言い方オバちゃんを感じる)がたくさん。

ここはアボカドがいつも10元前後で売られているので、アボカドレディと呼ばれるようになったそうな・・

IMG_0796

無造作に置かれていたワインたち

IMG_0797

 

 

もう少し南下してみよう!

烏魯木斉中路からちょっとそれて東平路へ。

 

右手にかなり好みの食器屋「ZEN」を発見!

IMG_0807

このお店は店内撮影禁止の為、写真はありませんが、

蝶や植物が描かれたカラフルな食器がたくさんありました。

シリーズで揃えたくなります。

 

実は今日行きたい場所が一つあったんです。

田子坊にもお店がある「&flow」の新店舗です。

お店の外までいい香り!アロマオイルを使って床を拭いている、らしいです。

IMG_0811

いい香りのシャンプーやハンドクリーム、体質に合った石鹸、あれもこれも試したくなるものばかりで・・お試しがあったので、その場で香りなど確認できました。

IMG_0812

チーズを買って、道端の犬に癒されて・・

大満足の散歩になりました。

ブログ【となりのママは知っているin上海】第20回『リアルきかんしゃトーマス』

皆さんは「リアルきかんしゃトーマス」をご存知ですか?

「きかんしゃトーマス」は本来はアニメですが、

本物の蒸気機関車として走っている所があるんです!

昨年の夏休み限定で静岡県の大井川鉄道に登場し、

ニュースを見た我が息子は「乗りたい!」を連呼。

ところが、その時点でチケットは既に完売。

今年の夏のチケット販売は抽選で、3回目の応募でようやく当選。

先日の国慶節休暇中に、ようやく念願叶って乗車してきました。

 

本物のトーマスを見た瞬間、息子は大興奮!

大人の私でさえ、シュッシュッと蒸気を上げる様子を目の前で見ると

何だかワクワク。

blog20-1

 

 

早速乗り込むと、車内もすっかりトーマス仕様に。

blog20-2

 

 

いよいよ出発!しばらくすると茶畑が。

ここは「川根茶」という緑茶の産地とのこと。

それから、街の人達が私達乗客に手を振ってくれているのを発見。

特に、温泉に浸かっている人達が、

上半身裸の状態で手を振っていたのを見た時は、本当にビックリ!

blog20-3

 

 

このきかんしゃトーマスは、昔の蒸気機関車をかなり忠実に再現していて、

座席は正直狭いし、冷房設備はありません。

なので、走っている時に窓を開けていると、煙が多少車内に入ってきて、

これがまた「リアル」なんですよね。

 

約1時間半乗車して、終点の千頭駅に到着。

あっという間の「蒸気機関車の旅」でしたが、

のどかな景色を眺めながら、駅弁を頬張り、

トンネル通過時には「急いで窓を閉めて~!」とドタバタ・・・

こんな旅も楽しいな、と感じました。

 

千頭駅ではトーマスの仲間たちのイベントを開催中で、

パーシー(写真左)やヒロ(写真中央)にも会えて、息子は大はしゃぎblog20-5!

正直なところ、息子はトーマス乗車中よりも、

外からトーマス等を見ている時の方が楽しそうでした。

乗っている時はトーマスは見えませんからね・・・

ちなみに、この「リアルきかんしゃトーマス」、

今年のクリスマスの時期にも運行するそうです。

 

ブログ【となりのママは知っているin上海】第19回『ローカル小学校へ入学してみたら・・』

入学して一ヶ月が過ぎ、慣れてきたかというと・・

いや、まだまだ驚かされてばかりの毎日です。

いろいろあります。

 

 

まずは、保護者のプレゼント

入学して間もないころ、「ソファーを教室で使いませんか?」とグループチャットで尋ねた保護者が・・

場所もとるし使うわけないでしょうと思っていたら、

ーー気持ちよさそうだねーー

ーー子ども達喜ぶねーー

ーー○○ママありがとう!!ーー

なんと!想定外の反応!!

よく見るとお隣の教室にもソファーが。

 

 

すると今度は

学級図書の本棚・床に敷くプレイマット・テーブルクロス・パイプハンガー・・

あれもこれも使ってくださいのプレゼント攻撃? いえ協力の精神なんだと思います。

教室の雰囲気がどんどん変わっていく~!

 

 

これだけではありません。

運動会で使われるマークの募集があり、クラスからも数点のデザインが提出されました。

全学年の集まった中から12種類が選ばれ、最終的には微信での投票で決まります。

投票が始まると自分のクラスのデザインが選ばれるよう熱くなる親たち。

クラスは22人なのですが、なぜか2000を超える投票があっています。

担任の先生も、親戚や知り合いに投票してもらって!と煽るので、すごいことに。

こうなると何の基準でデザインが選ばれるのか・・分からない。

でもなんとなく感じるクラスの連帯感、学校はこれも、いやこれを狙ったのかもしれません。

 

 

ローカルの小学校へ通っているというと、宿題がすごいのでは?と聞かれることがあります。

他の学校の状況がよく分からないのですがまぁまぁあるのではと思います。

国語・英語・算数は毎日宿題が出ます。予習復習という感じなのですが、中国語がまだまだの娘は1時間くらいかかっています。

とはいっても今は量がかなり少ないと思いますので、今後どんどん増えるのでしょうね。

10月以降は授業が終わってから1時間ちょっと学校に残って先生と宿題をする“晩晩班”というのが始まるようです。

帰宅が少し遅くなりますが、親としては助かります。

 

 

入学して1ヶ月経ちますが、普通は○○でしょうという固定観念が自分にはたくさんあるんだなぁと感じる毎日です。

この先、どんなことで驚かされるのか?

 

文化の違いっておもしろい!