ブログ【となりのママは知っているin上海】第15回『Let’s go!上海野生動物園(上海サファリパーク)』

少し前の連休中、どこへ行っても人でいっぱいだろうと考え子どもを連れていく場所に困っていたら、「野生動物園なかなかいいよ」との情報をget!かなり,いえ本当に遠かったのですが、行ってきました。

16号線野生动物园で降り、そこからはバスかタクシーで10分弱です。

面積約150ヘクタールで、中国・世界の代表動物、希少動物が合わせて200種超、約1万頭(匹)いるそうです。

 

「全部見る!」とちょっとテンション高めの子供+すでにバテ気味の大人2人、さぁどうなりますか・・

 IMG_0764

 

まずはバスに乗って放し飼いゾーンへ。連休中ですごい人の列でしたが、次々とバスが来たので30分くらい待つと乗れました。バスはガラス窓の普通のバス(入園料に込み)と鉄格子のバス(追加料金30元)の2種類から選べます。餌をあげたり、網越しに熊やライオンが近づいてきて大人も子供も大喜び!

IMG_0787

IMG_0785

 

活鸡80元と書いてあります。他のバスではこれをあげた人もいたそうです

 IMG_0769

 

会場の数か所で決まった時間に動物ショーがあります。入場時にもらったパンフレットを参考に見たい物を選び、ルートを決めました。サーカスを見るまでに時間があったので、象に乗ることに。大きく揺れながら歩くので、見ている側はヒヤヒヤしましたが、乗ってる本人はとても楽しかったそうです。他にラクダや馬にも乗れますが、乗るのも餌をやるのも有料です。「全部乗る~」と張り切っている子供でしたが、ショーの時間となり断念。

 IMG_0793

 

屋外サーカスを見た後は歩いて他の動物を見て回りました。走り回ってじゃれている元気なパンダを見て、こんなに早く動けるのかとびっくり!他にも、大きな鳥かごの中に入って色鮮やかな鳥たちに餌をやったり、小動物や動物の赤ちゃんたちを見たり・・

 IMG_0813

 

上海へきて水族館・上海動物園へ行きましたが、個人的にはここが一番よかったです。

子供が楽しめればと思って行ったら、大人も満足できた上海野生動物園でした。

昼食をとる場所・お店に困ったので(あるにはあるのですが、子連れで入るのに躊躇したので)お弁当を持ってくれば良かったと後悔しましたが、園そのものははゴミも落ちてなく全体的にきれいでした。トイレは・・がんばって入りました。

 

 

家族で楽しめる博物館もあるそうなので、次のお休みに行く予定です!

快活ライフのマネー教室 ”マネー美ママ”シリーズ第7回『保険の衣替えの上手な人』(その1)

皆さんこんにちは。

“マネー美ママ”になるための秘訣をお伝えするシリーズ、7回目の今回は、

「保険の衣替えの上手な人」のお話しです。

 

皆さんは保険加入後、どのくらいの頻度で衣替え(見直し)をしていますか?

まっ、まさか!?・・・

10年前の服を着たきり(保険そのまま)・・・という方はいませんか?

 

難しい説明をなんとかクリアし、面倒な手続きを終えて入った保険。

『これで我が家も一安心!』

『ウチはもう入ってますから~とお断りできるし、ヨカッタ、ヨカッタ!』

・・・そんな風に思う方も多いようです。

 

『保険に入っているから安心』 

『今解約すると今までの分がもったいないから』

・・・実はコレ、折角入った保険をダメにしちゃう呪文なのです。

洋服に流行があるように、保険にも流行があるのです。

 

 

具体例その1【医療保険】

『入院したらいくらか出るみたい。色々と特約もついているから安心かな』

と入ったものの、その特約は今の時代にあった特約でしょうか?

 

最近良く耳にする優れた特約で、「高度先進医療特約」をご存じですか?

これは厚生労働大臣から承認を受けた

“高度先進治療費用”(数百万円かかる治療)部分を保障する特約ですが、

日本の医療保障制度は、時代の流れに合わせて変化をしています。

実は、医療保険はその国の制度の変化・変更に伴って、

保険会社がどんどん変更していきます。

もしかしたら今後、医療技術も発達し、

今、高度先進医療(治療費高い)に指定されていても、

近い将来、保険適用治療(治療費安い)となるかもしれません。

 

特に、5年以上前に入った医療保険なら、

今の時代にあった保障内容かどうか、見直してみましょう。

 

 

具体例その2【学資保険】

 『最近利回りが良い保険があるって聞いたけど、もう既に入っているし、

今まで払った保険料がもったいないから、そのままにしておこうかな』

と思われている方、ものすごく面倒くさいのも分かりますが、

一度自分で計算機を叩いて確認してみましょう。

 

確認するポイントは、たった3つ

支払い保険料総額はいくらか?

(今まで支払った保険料も含めて、合計いくら保険料を支払うのか)

将来受取る金額(教育給付金)はいくらか?

仮に、今解約したら、いくら戻ってくるか?

(これは保険会社に問い合わせると教えてくれます。証券番号と本人確認が必要です。)

 

もしかしたら・・・今の学資保険を続けるより、

新しい学資保険に乗り換えたほうが良い事もあるかもしれません。

では『いつ乗り換えたら良いの?』・・・

「衣替えのタイミング」について次回ご紹介します。

 

”マネー美ママ”シリーズ第6回 『人生で最大のお買い得?!』(その2)

”マネー美ママ”シリーズ第5回 『人生で最大のお買い得?!』(その1)

”マネー美ママ”シリーズ第4回 『学資保険選び』(その3)

”マネー美ママ”シリーズ第3回 『学資保険選び』(その2)

”マネー美ママ”シリーズ第2回 『学資保険選び』(その1)

”マネー美ママ”シリーズ第1回 『人生を2倍楽しむ”マネー美ママ”って?!』

 

 

ブログ【となりのママは知っているin上海】第14回『内モンゴル旅行記』

夏休み真っ只中の8月8日~9日、私と息子(5歳)の2人で、

内モンゴル自治区の草原生活体験ツアーに参加してきました。

息子は2歳少し前に来海して、生まれて初めての中国国内旅行。

以前から息子には「”中国ならでは”のことを体験して欲しい」と考えていて、

草原生活なら気軽に体験できるかも?と、このツアーに参加を決めました。

 

blog14-1

フフホト空港から車で約2時間、ようやく草原へ到着。

見渡す限りの草原に羊の群れ、まさに内モンゴルの景色です。

 

blog14-7

そして、これが私たちの宿泊したパオ。

中はツインベッド、トイレとシャワーも付いていて、

ホテルの部屋と大差ないように聞こえますが、やはり違います。

ドアに隙間があるせいで、色々な虫が結構入ってきて、

息子はその度に「虫がいる!」と大騒ぎ。

これも都会では味わえない体験の1つですね。

 

草原体験の最大のイベントが「乗馬」だったのですが、

息子は身長が足りないため、1人は勿論のこと、母親と一緒でもダメとのこと。

本当に残念・・・

その後、モンゴル相撲と草競馬を鑑賞、なかなかの迫力でした。

夜になり空を見上げると満点の星が!私自身はこの星空に一番感動しました!

 

2日目はまずモンゴル族のお宅へ訪問、

手作りのミルクティー(奶茶)をご馳走になりました。

blog14-4

ミルクティーといっても、決して甘い紅茶ではなく、

干し牛肉や、炒めた米を入れて煮込んであるため、

具の入ったスープのようでした。

 

午後はフフホトに戻り、「内蒙古博物院」を見学。

blog14-5

 

実は息子にとっては、ここの見学がこの旅行のメインイベントでした。

ここには恐竜の化石が展示されていて、

最近恐竜にハマっている息子はこれが見たくて仕方なかったのです。

 

blog14-6

初めて見た恐竜の化石に、息子は大興奮!

これまで見たテレビや本で得た知識を、私に一生懸命解説してくれました。

 

ということで、8日の朝5時半に自宅を出てから、

9日の夜中12時に自宅に着くまで、様々な体験ができたし、

また、息子は途中で愚図ったり駄々をこねたりすることなく、

私はその成長した姿を見届けることができて、

とても価値のある旅行だったと思います。

 

そうそう、内モンゴルと言えば「羊肉料理」が有名ですが、

私達のツアーではオプションで「羊の丸焼き」を注文しました。

blog14-3

 ただ、ちょっと焼き過ぎのせいか、かなり硬くて、

 正直言うと、その後で食べたしゃぶしゃぶの方が美味しかったです。

(しゃぶしゃぶは息子もパクパク食べてました。)

ブログ【となりのママは知っているin上海】第13回『我が家の通販はタオバオです』

娘はローカルの幼稚園へ通っています。

 

ある日、老師から「白いドレスを持ってるか?」聞かれました。

アナの緑のドレスならあると答えると「白いのじゃないとダメよ!」

 

何に使うのだろう???

月末の卒園式で着るそうで、白いタイツと黒の靴も揃えるように、とのこと。

 

どこで買うの???

他のお母さん達はタオバオで買ったらしく、私も帰宅後ネットサーフィンしました。

 

話はそれますが、今通っている幼稚園、普段の日でもドレスを着てくる女の子たちがチラホラ。

そのまま滑り台やブランコで遊んでいます。

娘も同じような格好をしたがって、ちょっと困っています。

 

さぁ、ドレスを探そう!

「公主裙 女童・・」で検索し、気に入ったドレスのページ上での評価を見たり、届いたものの写真の投稿と商品の写真を見比べたり、同じものでも店によって値段が違うので比べてみたり。下のドレスに決定しました!

今回買ったドレス、99元でした!縫製もデザインも良く安くで気に入ったものを買えました。

タオバオで見つけたドレスと同じものが日本でも売られていてビックリ!

こんなに安いならお土産にしてもいいですね!

 IMG_1812

 

他にもよく購入しているのは・・

 

製菓・製パンの材料

上海から発送のお店で買うようにしています。

薄力粉や強力粉と一緒に、ニュージーランド産のバターやクリームチーズ、輸入物の生クリームも。

ラッピング用の袋やリボン、クッキングペーパーも意外とお得でした。

リヤカーにバイクが付いたような乗り物でおじさんたちが運んでくれるので(つまりクールではない)夏場の注文は避けています。

バターやチーズは保冷材の入った発砲スチロールの箱の中に入れてあって、これまで溶けていたり悪くなっていたことはありません。

製菓材料のお店より安く、家まで送ってくれるので楽ですよ。

 

趣味のアレコレ

日本で流行っていた消しゴムハンコをやってみたくて探したらありました。

全ての道具が揃いました。日本で材料を購入した友人のモノと比べましたが大差なし。

ただスタンプだけは欲しいメーカー(Tsukineko)があったのですが、それも日本で購入するのとほぼ同額でありました!

IMG_1813

マスキングテープを購入したことがありましたが、50cmくらいにカットされたものが届きました。ちゃんと説明を読まなかったのが悪いのですが・・これは失敗例です。

 IMG_1814

 

日用品

cath○○のカップやLAURA○○のタオルハンカチ、どちらも10元くらいで普段使いには問題ありません。そして私には日本で買うものと同じに見えます。

こちらに工場があるのでしょうか?それとも・・・?

 IMG_1809

IMG_1811

 

チャージの方法

タオバオで購入するために支付宝にチャージをするのですが、ネットバンキングが無いなら郵便局からもできます。

用紙に名前と電話番号と金額を書いて、窓口でチャージする金額と手数料の数元を払うと、6桁のパスワードをその場で決めて入力するよう言われます。控えの用紙をもらい支付宝にログインして、もらった用紙の数字とパスワードを入力するとチャージされます。

 

「淘宝」とは「見つからない宝物は無い」「売れない宝物は無い」という意味だそうですね。実際、飛行機が売られたこともあったとか・・

当たりか外れか届いてみないと分からないというドキドキ感はありますが、タオバオデビューしてみませんか?

ブログ【となりのママは知っているin上海】第12回『「理財」やってみました』

銀行の店頭でよく見かける「理財」の文字、

これは日本語でいう「資産運用」のことです。

中国では「理財」はとってもポピュラー。

やっていない人がいない、と言っても過言ではないくらい、

本当に多くの人が積極的に資産運用をしています。

 

blog12

 

 銀行の店頭には、

 こんな感じで理財の利率一覧表が

 掲げられています。

 

とはいえ、正直怖くて手を出せなかった私でしたが、

上海在住8年目にしてとうとう初めて理財商品を購入しました!

そのきっかけは「中国人の友人に勧められた」といたってシンプル。

銀行店頭には「保本保息(=元利保証)」と書いてあるし・・・と

思い切って銀行の理財窓口へ。

 

私が行ったのは浦東発展銀行。我が家から一番近くて便利だったので・・・

(その後調べると、もう少し規模の小さい銀行の方が利率は良さそう。)

理財専用窓口の担当者は、私の拙い中国語の質問にも丁寧に答えてくれ、

不安点も解消されてようやく決断。

期間3ヶ月、利率(当時)年4.9%、5万元の理財商品を購入!

購入手続きはとっても簡単!まずはパスポートの提示、

それからキャッシュカードの提示&暗証番号、

(私は浦発銀行に口座を持っていたので、

その口座のお金を使って理財商品を購入、という形を取りました。)

あとは向こうが購入明細書を作成してくれるので、それを受け取って終了。

 

そして、いよいよ3か月後の満期の日。

朝一で確認すると、私の口座に元金と利息がちゃんと入金されていました!

やりましたぁ~!!!

入金を確認できた時は「元金が戻ってきてホッとした」と同時に、

結構な額の利息を短期間にもらえて嬉しかったですね♪

これに味をしめて「今度はどんな理財に挑戦してみようかな?」

と早くも次を検討中です。

 

※私が今回購入した理財商品は、現在では利率が3%台に低下、

店頭表示も「収益保証型」に変更されています。

※本ブログは私個人の体験を基に書いたもので、

皆さんに理財をお勧めするものではありません。

快活ライフのマネー教室 ”マネー美ママ”シリーズ第6回『人生で最大のお買い得?!』(その2)

こんにちは。

“マネー美ママ”になるための秘訣をお伝えするシリーズ第6回目の今回は、

前回に続き

「学資保険の返戻率:香港と日本で違いが出るのはなぜ?」

についてです。

 

 

【カラクリその1▶︎ 運用先の違い】

【カラクリその2▶︎  営業経費の違い】

 

上記2点については、前回(第5回)をご参照ください。

”マネー美ママ”シリーズ第5回 『人生で最大のお買い得?!』(その1)

 

 

【カラクリその3▶︎ 税金の違い】

 

日本では、会社も個人も運用で得た利益に税金がかかります。

香港では、会社も個人も運用で得た利益に税金はかかりません。

 

折角お金を増やしても、

税金として一部が減ってしまう場所と、

増えた分をそのまま利益として受け取れる場所とでは

どちらがお金を貯めやすい場所でしょうか?

 

皆さんが日本の学資保険に加入していて、日本で満期金を受取った場合、

税金を差し引かれた後の金額を受取ることになります。

(増える金額によっては、税金はかかりません。そんなに増えませんので・・・)

 

運用で得た利益に税金がかからない(=カラクリ3)というのは大きいですね!

※但し、受取る時にどこの国に住んでいるかで税制は変わります。

 

 

以上が、香港で保険がお買い得になる3つのカラクリです。

 

 

お金が増えにくい仕組みになっている日本と、

増えやすい仕組みを持っている香港。

怪しいカラクリではなく、ごくごく当然のカラクリだという事が

お分かりいただけましたでしょうか?

 

マネー美ママさん、その特徴は「お買い得な話にある表側も裏側も知っている人」です。

 

”マネー美ママ”シリーズ第5回 『人生で最大のお買い得?!』(その1)

”マネー美ママ”シリーズ第4回 『学資保険選び』(その3)

”マネー美ママ”シリーズ第3回 『学資保険選び』(その2)

”マネー美ママ”シリーズ第2回 『学資保険選び』(その1)

”マネー美ママ”シリーズ第1回 『人生を2倍楽しむ”マネー美ママ”って?!』