ブログ

ブログ【となりのママは知っているin上海】第72回『子供の学校行事へ初参加』

昨年8月に我が息子がインター小学校へ入学、

先日、初めて母親主導の学校行事に参加しました。

「International Friendship Day」という行事で、

各国のママ達が、自国の文化や食を生徒達に紹介して

体験してもらう、というもの。

何だかいかにもインター校らしい行事ですよね!

 

日本のママの参加者は13名、たこ焼きと抹茶クッキー、

それから、ひらがなのゲームと福笑いを提供することに。

私の担当は、ゲームの景品(おもちゃ)の手配(←タオバオで購入)、

そして「福笑い」、つまり当日生徒に福笑いの遊び方を英語で説明することに。

(英語なんてほとんど出来ないのに、つい引き受けてしまった・・・

「福笑い」って英語で何て言うんだろう???・・・)

 

 

いよいよ当日、各国のママ達も大勢集まりました。

まずは日本のブース、(上)福笑い、

(下)ひらがなのゲーム(日本のママ達は浴衣や法被を着て日本文化を演出)

blog72-1

 

blog72-2

 

 

それから、インド

blog72-5

 

 

さらに、台湾、韓国、中国、シンガポール、珍しい所でパナマも参加↓

blog72-4

 

幼稚園~小学校6年生の沢山の子供達が遊びに来てくれました。

blog72-9

 

私も、拙い英語&中国語を使って福笑いの遊び方を説明、

どの子もみんな楽しそうに遊んでくれました。

 

 

朝9時半の集合~13時の終了まで、ほぼ立ちっ放しで疲れましたが、

我が息子の笑顔も直接見ることができたし、

「何かしらの役に立つ」というのはイイものなんだな、と素直に実感できました。

 

これまでは、こういった行事に参加するのは億劫で、

(お子さんが)日本人学校のママさんは、きっと大変なんだろうなぁ・・・と

他人事のように見ていたのですが、

いざ自分が参加してみると、これはこれでアリかも?と思えるように ;-)

今後はもう少し積極的に参加してみるつもりです :-D

 

 

ブログ【となりのママは知っているin上海】第71回『中国版ハイキング(徒步)』

最近、私の周りの中国人の間で「徒步」すなわちハイキングが流行中。

ほぼ毎週末、WeChatにアップされた、キレイな景色の写真を見ると、

私も「行ってみたい!」

知り合いの中国人が参加するツアーに混ぜてもらい、家族で参加しました。

 

目的地は、浙江省宁波市近くの「桃花岭」という所で、

桃花を観賞しながら山登り、また途中にある古村を散策、という内容。

 

 

↓行きのバスの中。参加者は37名で満席 8-O

ツアーディレクターが音頭を取って、各自自己紹介。

blog71-1

 

約2時間半で現地に到着、↓スタッフが持つ棒の下をくぐって徒步スタート!

blog71-3

 

最初は↓のようななだらかな道で、

景色を見ながら・・・なんて、余裕がありましたが・・・

blog71-9

 

途中からはものすごい急勾配で、しかもなだらかな箇所がゼロ :cry:

ゼイゼイハアハア息が上がり、つらすぎて景色を見る余裕もなく、

「来るんじゃなかった・・・」と思いっきり後悔 :cry:

約30分間、ほとんど休みなく登り続けて、ようやく頂上に到着。

blog71-5

↑頂上では健脚のスタッフが先に登って、

大きな旗を振って待っていてくれました。

 

 

無事に頂上まで登り終えて、でもまだ時間はたっぷりある・・・

つまり、一旦下山して、次は隣の山へ登ることに 8-O

 

次の登山道は竹薮の中↓

登るだけじゃなく、竹の下をくぐったり・・・

徒步って全身運動なんだ・・・と痛感 8-O

blog71-7

 

 

こうして、最終的には3つの山に登りました!

登っている時は確かにキツいけれど、

頂上に到着すると達成感はあるし、空気はキレイだし、気分爽快!

ただし、下りる時は地獄のよう・・・

「足」って、登る時より下る時の方が疲れて痛いんですね。

他の参加者は膝サポーターを付けていて、その理由が良く分かりました。

 

 

下山途中で古村に立ち寄ると、季節の野菜が!

↓左:新じゃが、 右:竹の子

blog71-4

竹の子を買って帰り(一番大きい物で5元でした)、

その夜、早速食べてみると(薄切りにしてフライパンでさっと炒め)、

新鮮だからか、灰汁抜きしなくても、そんなにエグみは無く、

シャキシャキ美味しかったです!

 

 

初めての徒步、良い経験ができたとは思いますが、

もう少しゆるめのがあったら良いのに・・・

紹介HPには難度・強度共に5段階中1と表記されていたのですが、

これよりハードな内容だと、

私は途中でグループに付いていけなくなりそうで、怖いです・・・

足に自信のある方はぜひ参加してみては?

(ちなみに、今回のツアーは1人139元(昼食は含まず)で、

なかなかリーズナブルだと思います。)

 

ブログ【となりのママは知っているin上海】第70回『新たな理財に挑戦~その後~』

昨年の秋にこのブログで、

これまで購入したことのない理財(資産運用)を購入してみた、と書きました。

(本ブログ第60回『新たな理財に挑戦』)

あれから約半年が経過して、その後どうなったかをご報告します。

 

(1)まず1つ目は、上海銀行で購入した保証収益型の理財。

無事に満期日に入金されました。

このタイプは「保証収益」、すなわち元利保証を謳っているので、

安心して資産運用できるのが最大のメリット。

利率も3.2%と、中国国内の理財としては低めですが、

個人的には年3%の利回りを確保できれば十分、とも思います。

 

(2)2つ目は、基金。こちらは昨年11月に購入、満期は来年5月ですが、

これまでの約半年、状況は今ひとつです・・・

毎週価格が変動するのですが(購入後に初めて知りました :-x )、

なかなか価格が上昇しないのです :cry:

購入時に手数料を差し引かれているため、

スタート時点で既に元本割れの状態なのに。

先月ようやく購入金額を上回ったのもつかの間、

先週また価格が下がってしまいました。

満期まであと約1年、このままでは、

当初の予定の利率7%はおろか、元本割れかも・・・ :cry:

 

 

それから、昨年購入した米ドル建て投資商品ですが、

こちらは順調に推移しているようです。

blog70-1

毎月200ドルを積み立て、今月でちょうど1年間なので、

200ドル×12ヶ月=2400ドルを積み立てた計算ですが、

現在のところ約2431ドルと表示されています。

 

 

さて、最近は中国国内の金利が上昇傾向のようです。

(1)の保証収益型の理財では、

約半年前は3.2%でかなりの高利回りだったのが、

先週調べたところ、4.0%の商品も登場していました!(ただし、期間が6ヶ月)

日本では相変わらず超低金利ですが、

中国では元利保証で4%の運用が可能なのですから、恐るべし中国です!

 

※あくまでも、投資は自己責任となりますので、

実際に投資をされる際には、ご留意頂ければと思います。

 

 

ブログ【となりのママは知っているin上海】第69回『滴水湖へ』

電車マニアの我が息子、

以前から「(まだ乗ったことのない)地下鉄16号線に乗ってみたい!」

とリクエストしていたので、

先日、2人で16号線に乗って、終点の「滴水湖」まで行ってみました。

 

blog69-1

↑16号線の車両、外観は他の地下鉄とほとんど同じですが・・・

 

blog69-2

↑車内はボックスシートのようになっていて、

通勤電車の雰囲気ではないですね。

 

ほとんどの線路が地上を走っていて、

車窓から見える菜の花畑がキレイでした!

blog69-3

 

 

終点の「滴水湖」駅へ到着、まずは「航海博物館」へ。

blog69-4

 

文字通り、船舶に関する博物館で、

沢山の船の模型や実物が展示されています。

ちょうどこの日は現地小学生の遠足だったようで、

大勢の小学生が見学に訪れていました。

blog69-5

 ↑このように、実物の船の中に入って見学もできます。

 

じっくり見て回れば、2~3時間くらいかかるかも?

(私達は1時間しかいませんでしたが・・・)

ただ、レストラン等がないので、食事をはさむ場合は、お弁当を忘れずに!

(3階の広場のような所で、お弁当を広げることができるようです)

 

 その後、湖の周辺を散歩しながら「クラウンプラザホテル」へ。

↓湖の先にうっすら見えるのが、目指すホテル。

blog69-6

 

blog69-7

↑湖の周辺には、散歩に適した舗道が整備されているので、

歩きやすいです。

 

 

航海博物館から歩いて約30分、ようやくホテルに到着!

blog69-8

 

 

「滴水湖」駅→航海博物館→ホテルまで、

ほぼずっと歩き続けて、息子も私もヘトヘト :cry:

ホテル内のレストランでゆっくりランチをして、

帰りは「滴水湖」駅までタクシーで戻りました ;-)

 

夏になると、果物の露店が軒を連ねたり、

大勢の人がバーベキューをしに訪れたり、

もっと賑やかになるとのこと。

(私達が行った日は、道を歩いている人がほとんどいないし、

ホテルのレストランも客は私達だけで、淋しかった・・・)

基本的には湖以外に何もない所なので、

リゾート目的でゆっくり過ごすのがオススメです。

 

ブログ【となりのママは知っているin上海】第68回『家計簿つけて家計を管理(その2)』

以前のブログで「家計簿をつけてみませんか?」というご提案をしました。

(本ブログ第45回『家計簿つけて家計を管理』)

 

最低でも3ヶ月は続けるべし!と書きましたが、

その後皆さんはいかがでしょうか?

 

 

私は、先日ようやく昨年(2016年)1年間の家計簿の集計を終えましたが、

全体的には「上手にやりくりできた!」と言えるものの、

「無駄遣いかも?」と思える部分も見つかりました。

 

 

「上手にやりくりできた!」というのは、

予想より多くの貯蓄ができたから :lol:

 

我が家の場合、1年の初めに大まかな予算を立てる、

つまり、私が生活費として使えるのはxxx元、主人のおこづかいはxxx元・・・

といった具合に、毎月の支出限度額を予め決めています。

 

当然、月ごとの支出にはバラつきがありますが、

1年間を通して見てみると、その予算より実際の支出額が少なかったので、

結果として、予想より多くの貯蓄を達成できた!という訳です。

 

 

ただし・・・家計簿に記載した各費用の項目別に見ると、

「交通費」がかなり多い :-(

 

思い当たるのは、昨年は息子と一緒に何度か旅行に行って、

その際の自宅・空港の往復に、すべてタクシーを利用したから。

つい「楽だから・・・」とタクシーを使っていましたが、

今年は、可能なら地下鉄やリニアモーターカーを利用しようと思っています。

タクシーの場合は片道約200元、リニアモーターカーは片道40元、

これって結構大きな差ですよね?

 

 

私が何故そこまで細かく家計管理にこだわるか?

それは「いずれ日本に戻るから」

 

上海在住の日本人の多くが、駐在員とその家族ではないでしょうか?

海外駐在中は、手当が出たり、家賃補助があったり、好待遇ですが、

本帰国したらごく一般的なサラリーマン・・・

手当や家賃補助がなくなって、急に生活をグレードダウンしようとしても、

これがなかなか難しいのです :-(

 

 

皆さんも、家計簿をつけると、自分の生活の全体像が見えて来るはず。

そこから、単純に「節約しよう!」だけでは、

モチベーション上がりづらいかもしれませんが、

「いずれ日本に戻った時に苦労しないために・・・」と思えば、

少しずつ生活をサイズダウンしていくことが出来るのでは?

それが達成できれば、自然と貯蓄も増えるし、

まさに「一石二鳥」ですよね!

 

 

何はともあれ、家計管理は「家計簿」から!

まだつけていない方、本当におススメです!

 

ブログ【となりのママは知っているin上海】第67回『快活ライフ上海引越ししました!』

HPやメルマガでお知らせしている通り、

快活ライフ上海は、3月10日(金)に遠東国際広場ビルから

古北南路にあるビル(創新園区)へ移転し、

13日(月)~新しい事務所にて業務をスタートしました。

 

まずは、場所をご説明しましょう。

古北路を南へ下っていくと、紅松東路を過ぎて(吴中路より手前)右側に、

このような表示が見えてきます。

blog67-1

 

ここが新しい事務所がある場所(創新園区)です。

敷地内には幾つかの建物があり、

敷地に入って真っ直ぐ進んだ斜め右に「3」と書かれたビルが見えてきます。

こちらが快活ライフ上海が入っているビルです。

(すぐ隣にはアウトレットの建物あります)

blog67-4

 

建物に入りエレベーターで4階に上がると、

オフィススペースが広がっています。

blog67-6

 

この中の一角が、快活ライフ上海の新しい事務所です。

中はこんな感じ :-o

blog67-8

 

 

以前の事務所では、セミナールームが最大で10人しか入れなかったのですが、

今度は同じフロアに大きな会議室があります!

blog67-7

 

この日も別の会社主催のセミナーがあるらしく、

もうすぐ始まるセミナーへの参加者が続々と入室していました。

 

 

この園区の通り沿いには沢山のレストランが!

blog67-2

 

かなりバラエティに富んだお店が並んでいて、

日本料理のお店もありました。

今度早速行ってみようと思います。

 

 

ということで、新しい事務所へ移転し、

これからも益々皆様のお役に立つような情報をお届けしていきますので、

今後も快活ライフ上海をよろしくお願いします。

 

ブログ【となりのママは知っているin上海】第66回『今年も目標立ててみました』

昨年(2016年)初めに「今年の目標」として掲げたのは「整理整頓」。

昨年秋にこれまでのマンションを強制退去することになり、

「引越し」という、思いも寄らない理由で「整理整頓」を達成できました :lol:

 

 

そして、2017年。元宵节が過ぎ、中国でもお正月気分が抜けたところで、

ようやくですが、今年の目標を立ててみました。今年は2つです!

 

まず1つ目は「ベターッと開脚」

前回(65回)のブログで書いた通り、現在トレーニング中。

ほんの少しですが、効果が出てきています ;-)

 

私は子供の頃から本当に身体が硬く、

立位体前屈(皆さん、測定の経験ありますよね?)ではいつもマイナス。

つまり、膝を伸ばして前に屈んだ時に、指先が床についたことがないのです。

それが・・・もう少しで床につきそう!という所まで来ています。

年末にはベターッと身体が床につけられるようになるかどうか・・・?

 

 

もう1つは「英語のヒアリング習得」

我が息子はインターナショナルスクールに通っていますが、

当然のごとく、学校で使われる言語は英語。

学校では定期的に父母向けの講演会等の行事が開催されるものの、

英語をほとんど聞き取れず・・・ :cry:

少しでも聞き取れるようになりたい!と一念発起し、

先日「スピードラーニング」のCDを購入しました!

(ただし、本来は全巻購入するとかなりの枚数になるのですが、

全巻やり遂げる自信がなく、最初の2セットだけ購入)

まだ最初の1枚目のCDのせいか、内容はそれほど難しくないですが、

何度も繰り返し聞いていると、

「この場面でこんな言葉を使うのね~」と、目からウロコのこともしばしば。

 

 

皆さんは、どんな目標を立てられましたか?

何年も上海で暮らしていると、

毎日が漫然と過ぎていってしまいがちですが、それは勿体無い!

毎年少しでも成長・レベルアップできるように、

また、毎日頑張って学校に通う息子に、自分の背中を見せられるように、

しっかりと目標を持って毎日を過ごしていきたいと思います。

 

ブログ【となりのママは知っているin上海】第65回『目指せ!ベターッと開脚』

皆さんは、この本をご存知ですか?

blog65-1

 

昨年日本のTV番組で紹介されていたので、

ご存知の方も多いかもしれませんね。

その番組を見た主人が「自分もチャレンジしてみたい!」と言い出し、

出張で日本へ行った際に購入して来ました。

 

 

私に言わせると、これは「ダイエット本と同じ」 :mrgreen:

つまり、実例を示して「どんな人でも・・・」と謳っているものの、

実際には、その通りになる人はほんのわずか。

なので、例え主人が頑張ったとしても、

恐らく無駄に終わるだろう、と思っていました。

 

 

ところが・・・どうやら効果が出てきたようなのです!

本の表紙にあるように、これは4週間のプログラムが組まれていて、

主人は今のところ3週目、つまりプログラムの半分を終えたのですが、

主人曰く「革靴の紐を結ぶ時に、前屈みになるのが楽になってきた」

今までは身体が硬く、前屈みになるのが苦痛だったので、

椅子に座って靴紐を結んでいたのが、

最近は椅子に座らなくてもラクラク結べる ;-) とのこと。

 

 

確かに、主人は本に書いてあるプログラムを毎日頑張ってこなしていたし、

それを2週間以上続けて来たので、効果が表れてきたのでしょう。

でも・・・結局これって、本の通りに「やる」「続ける」ことができるかどうか、

つまり「性格」が関係していると思うのです。

 

 

まず、私の場合、性格がせっかちなので、

とにかく短期に結果が出ないと続けられません。

それから、ある有名人がダイエットに挑戦した時に言ったこの言葉、

「そもそも、性格がルーズだから太るのであって、

そのような人が、ダイエット本に載っているヘルシー料理を作ったり、

エクササイズをやったり、ということをきちんと続けられるはずがない」

まさに、その通り!!!なので、私のようなせっかちな性格の人間が、

「ストレッチで身体をゆっくり伸ばす」なんて向いてないんですよ。

 

 

主人はすっかり自信が付いたようで、

身体の硬い私にめちゃくちゃ勧めてきますが、

私は上記の理由から、なかなかその気になれず・・・ :-?

ただ、ダンスを習っている息子も、私に似て身体が硬く、

このままだとダンスの上達に支障が出るので、

息子を引きずり込んで一緒にやるなら何とか出来そう・・・?

 

まずは2週間続けられるかどうか?ですね。

こちらのブログで「その後」をご報告しますので、お楽しみに!!!

 

ブログ【となりのママは知っているin上海】第64回『ご褒美はシンガポール旅行!』

皆さん、明けましておめでとうございます。

今年も本ブログをよろしくお願い致します。

 

昨年(2016年)末、息子と2人でシンガポールへ行って来ました :lol:

昨年1年間に理財で得たお金を使っての、まさに「ご褒美」 旅行!

 

旅行のメインイベントは「オラウータンと一緒に朝ご飯」。

シンガポール動物園は、ほとんどの動物を檻のない自然な状態で飼育していて

森の中にあるレストランで、オラウータンを眺めながら朝食を食べました。

オラウータンはすぐ近くにいて、しかも数頭いたので、かなりの臨場感!

blog64-1

 

ちなみに、飼育員さんがちゃんと餌をあげていたので、

私達人間の朝食を横取りする、ということはなかったです。

 

動物園は、当然のごとく広く、檻がないので子供も見やすくて、

本当は全部を見て回りたかったのですが、何しろ暑い・・・ :-(

半日でギブアップして、午後はホテルのプールへ。

12月に屋外プールなんて、・・・?と思いつつ、息子は気持ち良さそう・・・

blog64-3

 

後は、定番のマーライオンを見に行ったり、

話題のスポット「マリーナベイサンズ」を散歩したり・・・

blog64-9blog64-8

 

でも、とにかく暑くて、息子はすぐに休憩を要求するので、

それほど沢山の観光地に行く時間がありませんでした :cry:

 

私が最も印象的だったのは、リトルインディアにある「ムスタファセンター」。

blog64-7

 

ドンキホーテと同じような感じのお店で、様々な物が売られていました。

日本人は日本へのお土産をここで調達することが多いのだとか。

息子が一緒じゃなかったら1日中いたかった・・・と思わせるくらい、面白かったです。

 

もう1つ、面白いトピックが。

2階建ての路線バスに乗った時、2階へ上がる階段付近にこんな表示が・・・

blog64-6

(写真では見にくいですが)「41」という数字の左側に「空位」と書いてある、

つまり、2階の空いている座席の数が1階に表示されているのです。

これを見れば、2階に上がる前に座席が空いているかを確認できる!

ちょっと感動しちゃいました。

シンガポールって、もしかして日本より親切かも???

 

 

ブログ【となりのママは知っているin上海】第63回『2016年の理財の成果は・・・?』

2016年もあと残りわずか。

昨年から始めた理財(資産運用)、

今年は(自分としては)かなりアグレッシブに取り組みました。

その結果をご報告すると・・・

 

 

【理財により受け取った利息額】

2015年:約2600元(5月~12月の期間)、月平均約325元

2016年:約8300元(1月~12月の期間)、月平均約691元

 

 

金額そのものは勿論、月平均でも2倍以上も受取額が増えました!!!

昨年はすべて元本保証の商品だけで運用していましたが、

今年は「非保本」(元本保証でない)の商品にもチャレンジ。

当然、元本保証の商品より利率が高いので、

それだけ多くの利息を受け取ることができました。

 

 

また、これまで取引の無かった銀行の理財も購入してみましたが、

同じような商品でも銀行によって取り扱いが違うことが判明 :-?

 

例えば、同じ収益保証型の商品の満期日、

A銀行では、その日の朝一に私の口座に入金され、

入金の際にはショートメールでお知らせしてくれたのですが、

B銀行では、満期日の夜8時過ぎになってようやく入金、

しかも入金のお知らせは翌日の朝になって届く始末・・・

正直、満期日になかなか入金が確認できず、ヤキモキしました :evil:

 

更に、入金が夜だったため、その日の理財購入締切の時間に間に合わず、

次回の締切までまた1週間待たされることに・・・

B銀行で引き続き理財を購入するか、また新たな銀行を試してみるか、

現在検討中です。

 

 

トランプ現象のお陰か、最近理財の利率が上昇し始めています。

(例えば、B銀行の収益保証型の商品で、

私が先月(11月)購入した時の利率は3.25%、

12月15日時点では3.51%となっています)

アメリカの利上げも決定し、今後も金利上昇が見込まれるので、

来年は更に理財の成果が上がるかも?

 

 

専業主婦の私でも、1年間でこれだけのお金がもらえたのは、

素直に嬉しいです :lol:

ご褒美として、年末にシンガポール旅行に行ってきます :oops:

皆さんも良いお年をお迎え下さい。

 

※あくまでも、投資は自己責任となりますので、

実際に投資をされる際には、ご留意頂ければと思います。

 

 

< Previous Page Next Page >